とっとり県よなご市

スキー&スノーボード2004-2005

<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ふーたぶらもんなら

(めい)
わー、かわいい赤ちゃん!


(さねしげさん)
あんた、やめない、そげんもふーたぶらもんなら、脳に傷がつくやんなーだと、

あなた、やめなさい、そんなに(赤ちゃんを)ゆすぶったら、(赤ちゃんの)脳に傷がつくようになるんだってさ




人気ブログランキングへ





[PR]
by friendlyclover613 | 2016-09-22 00:00 | 米子弁劇場 | Comments(0)

お地蔵さん

(ふなこしさん)
いっちゃん、はよ、くーだわ、なにしとーてて

いっちゃん、早く来なさいよ、何してるの


(孫)
雨でお地蔵さんがぬれてかわいそうだから、かさ、さしててあげるんだよ




人気ブログランキングへ





[PR]
by friendlyclover613 | 2016-09-19 00:00 | 米子弁劇場 | Comments(0)

よい状況説明

状況説明がじょうずなお客様は、鑑定の時間を効率よくお使いになります。
時間の無駄はお金の無駄です。
ぜひ、説明じょうずになってください。
とは言っても、占いでの状況説明というのは、難しいものです。
初めて会った占い師に、心の秘密にふれるようなこともお話くださるのですから。
しかし、ちょっとしたコツを習得すれば、だいぶちがってきます。
そのちょっとしたコツを紹介します。

1.
西洋占星術では、生年月日、出生時間ということを重要視します。
人間に対してだけでなく、ものごとに対してもです。
たとえば、あなたと彼の関係の出生時間というように考えます。
それは、あなたが彼と出会った時です。
あなたが彼と初めて会った日、初めて会った時間が、あなたと彼の関係の出生時間です。
それを、できるだけ、電話をかける前に思い出しておかれると、占いの役に立つデータになります。
このようなデータは多ければ多いほど、占いも精密にできます。


2.
登場人物の多い状況説明は、時々、お客様の話の中で、登場人物の見分けがつかなくなることが多いです。
私は姓名判断はしませんから、相談者ご本人以外の登場人物は、本名でなくても、ニックネームでかまいませんから、ひとりひとりを区別できるようにしていただくと、わかりやすさがだいぶちがってきます。

登場人物を、聞き手に、区別しやすいように話すには、たとえば、好きな人の気持ちがよくわからないとかいうようなご相談内容であれば、まず、最初に、
あなたご自身独身か、既婚か、子どもはいるのか、ということなど、話していただければ、あとの説明がだいぶらくになります、話すほうも聞くほうも。
彼のことも、わかっていれば、独身か既婚か、子どもはいるのか(配偶者はいなくても子どもはいるというケースもありますから)ということを、最初にお話いただければ、そのあとがスムーズです。

あと、どこに住んでいるか、ということや職業が何であるかということも、説明にはいるまえに話していただければ、聞き手としては、状況がつかみやすくなります。
家庭内は同じような状況でも、首都圏と、日本の端とでは、条件がちがいますからね。
それと、彼の生年月日もわかれば助かります。

最初にこれだけの情報を聞き手に与えてから説明にはいるのと、これらの情報を飛ばして、最初から説明にはいるのと、だいぶちがうんですよ、ためしてごらんなさい。

お客様が、心が乱れたまま電話をかけてこられても、こちらは仕事ですから、話はこちらで整理します。
それはかまわないのですが、電話代を節約したければ、まず、深呼吸して、少し気持ちを整理してから電話に向かうほうがいいですよ。


3.
たとえば、ずっと今彼の話かと思って聞いていると、いつのまにか、「彼」という言葉の中身が、もと彼にすりかわっていて、聞いていると話が矛盾してくるので、聞きなおして、また、最初から説明しなおしてもらわないと、なんてことになってしまいます。
今彼と、もと彼、というように区別しましょう。

おとうさんとか、先生とかいうような言葉も、登場人物の多い話ですと、誰のことかわからなくなってくることが少なくありません。
私の父、とか、義理の父とか、あるいは誰それさんのお父さん、とか、はっきりと特定できるようにすると、話がわかりやすくなります。

「先生」も、お医者様とか、英語の先生とかいうように、誰のことかはっきり特定できるようにしたほうがいいですよ。
山田先生というのが、話の登場人物の中に2人いて、どっちかわからないというのも、困ります。
たとえば、英語の山田先生と、ピアノの山田先生と2人いて、お客様は英語の山田先生の話をしているのに、占い師のほうは、ピアノの山田先生の話だと思って聞いていると、必ず話が矛盾しますから、また、聞きなおす、そしたら、最初から説明、と、効率が悪いことになります。
時間だけはどんどん過ぎていくしね。
どの山田先生かしっかり特定できれば、説明しなおしをしなくてもすみます。

「子ども」という言葉だけですと、特定しにくいです。
まず、性別をあきらかにしてくださると、だいぶわかりやすさがちがってきます。
私の息子、とか、彼の娘とか、性別がはっきりするだけで、かなり話がわかりやすくなります。
うちの子とだけ言われると、お子さんが複数いるものを、ひとりしかいないのか、と、聞くほうは思ってしまうこともありますから、「うちの子」が複数なら、上の子とかいうような表現より、長女、次女、という言い方のほうがわかりやすいです。
お嬢さんが複数の場合は、3人いるうちの末の娘とか言ってもらえると、特定しやすくて助かります。
文章や呼び名は短いほどいいので、お嬢さんのお名前、たとえば、ゆみことか、みちことか言うのがわかりやすいですね。
ニックネームでもかまいません。
はっきりと誰のことかわかることが大切なのです。

本名だと、たとえば、ヤマダさんとヤマガさんなど、聞き間違えがちな場合もあります。
このような場合は、似ても似つかぬニックネームを使ってもらったほうが、聞くほうとしては助かります。
同じ名前なら、男の山田さんと女の山田さん、あるいは、あきらさんとゆみこさん、あるいは、山田さんと呼ぶのはひとりだけにして、もうひとりはふとんやさんとか、OLさんとか、おとうふやさんとか言うようにするのもわかりやすいです。

その人物の呼び名を、説明の途中から変えるかたがおられますが、そうされると、聞き手のほうは、1度も会ったことのない人ですから、話がこんがらがります。
たとえば、最初は、ご主人のことを、「主人」と言っていたのに、子どもの話が出てくるようになると、
同じ人を「主人」と言ったり「おとうさん」と言ったりするようになるかたがおられますが、そのようにされると、聞くほうは、ご主人のおとうさんやお客様ご自身のおとうさんと見分けがつかなくなって、わけがわからなくなってくることがあります。
最初から最後まで、ひとりの人物の呼び名は一貫してひとつに決めましょう。状況説明がじょうずなお客様は、鑑定の時間を効率よくお使いになります。
時間の無駄はお金の無駄です。
ぜひ、説明じょうずになってください。
とは言っても、占いでの状況説明というのは、難しいものです。
初めて会った占い師に、心の秘密にふれるようなこともお話くださるのですから。
しかし、ちょっとしたコツを習得すれば、だいぶちがってきます。
そのちょっとしたコツを紹介します。

1.
西洋占星術では、生年月日、出生時間ということを重要視します。
人間に対してだけでなく、ものごとに対してもです。
たとえば、あなたと彼の関係の出生時間というように考えます。
それは、あなたが彼と出会った時です。
あなたが彼と初めて会った日、初めて会った時間が、あなたと彼の関係の出生時間です。
それを、できるだけ、電話をかける前に思い出しておかれると、占いの役に立つデータになります。
このようなデータは多ければ多いほど、占いも精密にできます。


2.
登場人物の多い状況説明は、時々、お客様の話の中で、登場人物の見分けがつかなくなることが多いです。
私は姓名判断はしませんから、相談者ご本人以外の登場人物は、本名でなくても、ニックネームでかまいませんから、ひとりひとりを区別できるようにしていただくと、わかりやすさがだいぶちがってきます。

登場人物を、聞き手に、区別しやすいように話すには、たとえば、好きな人の気持ちがよくわからないとかいうようなご相談内容であれば、まず、最初に、
あなたご自身独身か、既婚か、子どもはいるのか、ということなど、話していただければ、あとの説明がだいぶらくになります、話すほうも聞くほうも。
彼のことも、わかっていれば、独身か既婚か、子どもはいるのか(配偶者はいなくても子どもはいるというケースもありますから)ということを、最初にお話いただければ、そのあとがスムーズです。

あと、どこに住んでいるか、ということや職業が何であるかということも、説明にはいるまえに話していただければ、聞き手としては、状況がつかみやすくなります。
家庭内は同じような状況でも、首都圏と、日本の端とでは、条件がちがいますからね。
それと、彼の生年月日もわかれば助かります。

最初にこれだけの情報を聞き手に与えてから説明にはいるのと、これらの情報を飛ばして、最初から説明にはいるのと、だいぶちがうんですよ、ためしてごらんなさい。

お客様が、心が乱れたまま電話をかけてこられても、こちらは仕事ですから、話はこちらで整理します。
それはかまわないのですが、電話代を節約したければ、まず、深呼吸して、少し気持ちを整理してから電話に向かうほうがいいですよ。


3.
たとえば、ずっと今彼の話かと思って聞いていると、いつのまにか、「彼」という言葉の中身が、もと彼にすりかわっていて、聞いていると話が矛盾してくるので、聞きなおして、また、最初から説明しなおしてもらわないと、なんてことになってしまいます。
今彼と、もと彼、というように区別しましょう。

おとうさんとか、先生とかいうような言葉も、登場人物の多い話ですと、誰のことかわからなくなってくることが少なくありません。
私の父、とか、義理の父とか、あるいは誰それさんのお父さん、とか、はっきりと特定できるようにすると、話がわかりやすくなります。

「先生」も、お医者様とか、英語の先生とかいうように、誰のことかはっきり特定できるようにしたほうがいいですよ。
山田先生というのが、話の登場人物の中に2人いて、どっちかわからないというのも、困ります。
たとえば、英語の山田先生と、ピアノの山田先生と2人いて、お客様は英語の山田先生の話をしているのに、占い師のほうは、ピアノの山田先生の話だと思って聞いていると、必ず話が矛盾しますから、また、聞きなおす、そしたら、最初から説明、と、効率が悪いことになります。
時間だけはどんどん過ぎていくしね。
どの山田先生かしっかり特定できれば、説明しなおしをしなくてもすみます。

「子ども」という言葉だけですと、特定しにくいです。
まず、性別をあきらかにしてくださると、だいぶわかりやすさがちがってきます。
私の息子、とか、彼の娘とか、性別がはっきりするだけで、かなり話がわかりやすくなります。
うちの子とだけ言われると、お子さんが複数いるものを、ひとりしかいないのか、と、聞くほうは思ってしまうこともありますから、「うちの子」が複数なら、上の子とかいうような表現より、長女、次女、という言い方のほうがわかりやすいです。
お嬢さんが複数の場合は、3人いるうちの末の娘とか言ってもらえると、特定しやすくて助かります。
文章や呼び名は短いほどいいので、お嬢さんのお名前、たとえば、ゆみことか、みちことか言うのがわかりやすいですね。
ニックネームでもかまいません。
はっきりと誰のことかわかることが大切なのです。

本名だと、たとえば、ヤマダさんとヤマガさんなど、聞き間違えがちな場合もあります。
このような場合は、似ても似つかぬニックネームを使ってもらったほうが、聞くほうとしては助かります。
同じ名前なら、男の山田さんと女の山田さん、あるいは、あきらさんとゆみこさん、あるいは、山田さんと呼ぶのはひとりだけにして、もうひとりはふとんやさんとか、OLさんとか、おとうふやさんとか言うようにするのもわかりやすいです。

その人物の呼び名を、説明の途中から変えるかたがおられますが、そうされると、聞き手のほうは、1度も会ったことのない人ですから、話がこんがらがります。
たとえば、最初は、ご主人のことを、「主人」と言っていたのに、子どもの話が出てくるようになると、
同じ人を「主人」と言ったり「おとうさん」と言ったりするようになるかたがおられますが、そのようにされると、聞くほうは、ご主人のおとうさんやお客様ご自身のおとうさんと見分けがつかなくなって、わけがわからなくなってくることがあります。
最初から最後まで、ひとりの人物の呼び名は一貫してひとつに決めましょう。状況説明がじょうずなお客様は、鑑定の時間を効率よくお使いになります。
時間の無駄はお金の無駄です。
ぜひ、説明じょうずになってください。
とは言っても、占いでの状況説明というのは、難しいものです。
初めて会った占い師に、心の秘密にふれるようなこともお話くださるのですから。
しかし、ちょっとしたコツを習得すれば、だいぶちがってきます。
そのちょっとしたコツを紹介します。

1.
西洋占星術では、生年月日、出生時間ということを重要視します。
人間に対してだけでなく、ものごとに対してもです。
たとえば、あなたと彼の関係の出生時間というように考えます。
それは、あなたが彼と出会った時です。
あなたが彼と初めて会った日、初めて会った時間が、あなたと彼の関係の出生時間です。
それを、できるだけ、電話をかける前に思い出しておかれると、占いの役に立つデータになります。
このようなデータは多ければ多いほど、占いも精密にできます。


2.
登場人物の多い状況説明は、時々、お客様の話の中で、登場人物の見分けがつかなくなることが多いです。
私は姓名判断はしませんから、相談者ご本人以外の登場人物は、本名でなくても、ニックネームでかまいませんから、ひとりひとりを区別できるようにしていただくと、わかりやすさがだいぶちがってきます。

登場人物を、聞き手に、区別しやすいように話すには、たとえば、好きな人の気持ちがよくわからないとかいうようなご相談内容であれば、まず、最初に、
あなたご自身独身か、既婚か、子どもはいるのか、ということなど、話していただければ、あとの説明がだいぶらくになります、話すほうも聞くほうも。
彼のことも、わかっていれば、独身か既婚か、子どもはいるのか(配偶者はいなくても子どもはいるというケースもありますから)ということを、最初にお話いただければ、そのあとがスムーズです。

あと、どこに住んでいるか、ということや職業が何であるかということも、説明にはいるまえに話していただければ、聞き手としては、状況がつかみやすくなります。
家庭内は同じような状況でも、首都圏と、日本の端とでは、条件がちがいますからね。
それと、彼の生年月日もわかれば助かります。

最初にこれだけの情報を聞き手に与えてから説明にはいるのと、これらの情報を飛ばして、最初から説明にはいるのと、だいぶちがうんですよ、ためしてごらんなさい。

お客様が、心が乱れたまま電話をかけてこられても、こちらは仕事ですから、話はこちらで整理します。
それはかまわないのですが、電話代を節約したければ、まず、深呼吸して、少し気持ちを整理してから電話に向かうほうがいいですよ。


3.
たとえば、ずっと今彼の話かと思って聞いていると、いつのまにか、「彼」という言葉の中身が、もと彼にすりかわっていて、聞いていると話が矛盾してくるので、聞きなおして、また、最初から説明しなおしてもらわないと、なんてことになってしまいます。
今彼と、もと彼、というように区別しましょう。

おとうさんとか、先生とかいうような言葉も、登場人物の多い話ですと、誰のことかわからなくなってくることが少なくありません。
私の父、とか、義理の父とか、あるいは誰それさんのお父さん、とか、はっきりと特定できるようにすると、話がわかりやすくなります。

「先生」も、お医者様とか、英語の先生とかいうように、誰のことかはっきり特定できるようにしたほうがいいですよ。
山田先生というのが、話の登場人物の中に2人いて、どっちかわからないというのも、困ります。
たとえば、英語の山田先生と、ピアノの山田先生と2人いて、お客様は英語の山田先生の話をしているのに、占い師のほうは、ピアノの山田先生の話だと思って聞いていると、必ず話が矛盾しますから、また、聞きなおす、そしたら、最初から説明、と、効率が悪いことになります。
時間だけはどんどん過ぎていくしね。
どの山田先生かしっかり特定できれば、説明しなおしをしなくてもすみます。

「子ども」という言葉だけですと、特定しにくいです。
まず、性別をあきらかにしてくださると、だいぶわかりやすさがちがってきます。
私の息子、とか、彼の娘とか、性別がはっきりするだけで、かなり話がわかりやすくなります。
うちの子とだけ言われると、お子さんが複数いるものを、ひとりしかいないのか、と、聞くほうは思ってしまうこともありますから、「うちの子」が複数なら、上の子とかいうような表現より、長女、次女、という言い方のほうがわかりやすいです。
お嬢さんが複数の場合は、3人いるうちの末の娘とか言ってもらえると、特定しやすくて助かります。
文章や呼び名は短いほどいいので、お嬢さんのお名前、たとえば、ゆみことか、みちことか言うのがわかりやすいですね。
ニックネームでもかまいません。
はっきりと誰のことかわかることが大切なのです。

本名だと、たとえば、ヤマダさんとヤマガさんなど、聞き間違えがちな場合もあります。
このような場合は、似ても似つかぬニックネームを使ってもらったほうが、聞くほうとしては助かります。
同じ名前なら、男の山田さんと女の山田さん、あるいは、あきらさんとゆみこさん、あるいは、山田さんと呼ぶのはひとりだけにして、もうひとりはふとんやさんとか、OLさんとか、おとうふやさんとか言うようにするのもわかりやすいです。

その人物の呼び名を、説明の途中から変えるかたがおられますが、そうされると、聞き手のほうは、1度も会ったことのない人ですから、話がこんがらがります。
たとえば、最初は、ご主人のことを、「主人」と言っていたのに、子どもの話が出てくるようになると、
同じ人を「主人」と言ったり「おとうさん」と言ったりするようになるかたがおられますが、そのようにされると、聞くほうは、ご主人のおとうさんやお客様ご自身のおとうさんと見分けがつかなくなって、わけがわからなくなってくることがあります。
最初から最後まで、ひとりの人物の呼び名は一貫してひとつに決めましょう。状況説明がじょうずなお客様は、鑑定の時間を効率よくお使いになります。
時間の無駄はお金の無駄です。
ぜひ、説明じょうずになってください。
とは言っても、占いでの状況説明というのは、難しいものです。
初めて会った占い師に、心の秘密にふれるようなこともお話くださるのですから。
しかし、ちょっとしたコツを習得すれば、だいぶちがってきます。
そのちょっとしたコツを紹介します。

1.
西洋占星術では、生年月日、出生時間ということを重要視します。
人間に対してだけでなく、ものごとに対してもです。
たとえば、あなたと彼の関係の出生時間というように考えます。
それは、あなたが彼と出会った時です。
あなたが彼と初めて会った日、初めて会った時間が、あなたと彼の関係の出生時間です。
それを、できるだけ、電話をかける前に思い出しておかれると、占いの役に立つデータになります。
このようなデータは多ければ多いほど、占いも精密にできます。


2.
登場人物の多い状況説明は、時々、お客様の話の中で、登場人物の見分けがつかなくなることが多いです。
私は姓名判断はしませんから、相談者ご本人以外の登場人物は、本名でなくても、ニックネームでかまいませんから、ひとりひとりを区別できるようにしていただくと、わかりやすさがだいぶちがってきます。

登場人物を、聞き手に、区別しやすいように話すには、たとえば、好きな人の気持ちがよくわからないとかいうようなご相談内容であれば、まず、最初に、
あなたご自身独身か、既婚か、子どもはいるのか、ということなど、話していただければ、あとの説明がだいぶらくになります、話すほうも聞くほうも。
彼のことも、わかっていれば、独身か既婚か、子どもはいるのか(配偶者はいなくても子どもはいるというケースもありますから)ということを、最初にお話いただければ、そのあとがスムーズです。

あと、どこに住んでいるか、ということや職業が何であるかということも、説明にはいるまえに話していただければ、聞き手としては、状況がつかみやすくなります。
家庭内は同じような状況でも、首都圏と、日本の端とでは、条件がちがいますからね。
それと、彼の生年月日もわかれば助かります。

最初にこれだけの情報を聞き手に与えてから説明にはいるのと、これらの情報を飛ばして、最初から説明にはいるのと、だいぶちがうんですよ、ためしてごらんなさい。

お客様が、心が乱れたまま電話をかけてこられても、こちらは仕事ですから、話はこちらで整理します。
それはかまわないのですが、電話代を節約したければ、まず、深呼吸して、少し気持ちを整理してから電話に向かうほうがいいですよ。


3.
たとえば、ずっと今彼の話かと思って聞いていると、いつのまにか、「彼」という言葉の中身が、もと彼にすりかわっていて、聞いていると話が矛盾してくるので、聞きなおして、また、最初から説明しなおしてもらわないと、なんてことになってしまいます。
今彼と、もと彼、というように区別しましょう。

おとうさんとか、先生とかいうような言葉も、登場人物の多い話ですと、誰のことかわからなくなってくることが少なくありません。
私の父、とか、義理の父とか、あるいは誰それさんのお父さん、とか、はっきりと特定できるようにすると、話がわかりやすくなります。

「先生」も、お医者様とか、英語の先生とかいうように、誰のことかはっきり特定できるようにしたほうがいいですよ。
山田先生というのが、話の登場人物の中に2人いて、どっちかわからないというのも、困ります。
たとえば、英語の山田先生と、ピアノの山田先生と2人いて、お客様は英語の山田先生の話をしているのに、占い師のほうは、ピアノの山田先生の話だと思って聞いていると、必ず話が矛盾しますから、また、聞きなおす、そしたら、最初から説明、と、効率が悪いことになります。
時間だけはどんどん過ぎていくしね。
どの山田先生かしっかり特定できれば、説明しなおしをしなくてもすみます。

「子ども」という言葉だけですと、特定しにくいです。
まず、性別をあきらかにしてくださると、だいぶわかりやすさがちがってきます。
私の息子、とか、彼の娘とか、性別がはっきりするだけで、かなり話がわかりやすくなります。
うちの子とだけ言われると、お子さんが複数いるものを、ひとりしかいないのか、と、聞くほうは思ってしまうこともありますから、「うちの子」が複数なら、上の子とかいうような表現より、長女、次女、という言い方のほうがわかりやすいです。
お嬢さんが複数の場合は、3人いるうちの末の娘とか言ってもらえると、特定しやすくて助かります。
文章や呼び名は短いほどいいので、お嬢さんのお名前、たとえば、ゆみことか、みちことか言うのがわかりやすいですね。
ニックネームでもかまいません。
はっきりと誰のことかわかることが大切なのです。

本名だと、たとえば、ヤマダさんとヤマガさんなど、聞き間違えがちな場合もあります。
このような場合は、似ても似つかぬニックネームを使ってもらったほうが、聞くほうとしては助かります。
同じ名前なら、男の山田さんと女の山田さん、あるいは、あきらさんとゆみこさん、あるいは、山田さんと呼ぶのはひとりだけにして、もうひとりはふとんやさんとか、OLさんとか、おとうふやさんとか言うようにするのもわかりやすいです。

その人物の呼び名を、説明の途中から変えるかたがおられますが、そうされると、聞き手のほうは、1度も会ったことのない人ですから、話がこんがらがります。
たとえば、最初は、ご主人のことを、「主人」と言っていたのに、子どもの話が出てくるようになると、
同じ人を「主人」と言ったり「おとうさん」と言ったりするようになるかたがおられ
ますが、そのようにされると、聞くほうは、ご主人のおとうさんやお客様ご自身のおとうさんと見分けがつかなくなって、わけがわからなくなってくることがあります。
最初から最後まで、ひとりの人物の呼び名は一貫してひとつに決めましょう。
ご主人のことを「主人」と最初言っていたなら、さいごまで、ご主人のことは「主人」でとおすと、話がこんがらがらず、スムーズに通じます。


4.
方言のいちばん困るところは、質問なのか、普通の文章なのかわからないことです。
質問は語尾をあげて、普通の説明は語尾をさげて、これだけしてもらえると、自分の出身地とはちがう地方の方言も、なんとかわかります。

これだけ気をつけると、説明のわかりやすさがだいぶちがってきます。


お悩みがおありのかたは、お気軽にご相談ください。
親身になって鑑定いたします。

1件3500円で承ります。







[PR]
by friendlyclover613 | 2016-09-11 16:28 | 電話鑑定のじょうずな利用法 | Comments(0)


米子弁よ、世界に羽ばたけ!
by friendlyclover613
カテゴリ
最新の記事
ことつけー
at 2018-02-23 23:20
死んじまえ
at 2018-02-21 03:47
方言の女王様
at 2018-02-16 23:45
ばば
at 2018-02-16 23:42
かせー
at 2018-02-11 22:06
いんやだわやれ 2
at 2018-02-10 23:45
いんやだわやれ
at 2018-02-10 09:10
かか
at 2018-02-03 10:59
テスト
at 2018-01-31 10:44
茶人
at 2018-01-31 08:18
信じられん・・・
at 2018-01-30 11:14
気くばり
at 2018-01-24 17:00
ねこの婚活
at 2018-01-17 09:48
お医者様のための西洋占星術
at 2018-01-10 21:08
米子弁クイズ
at 2018-01-08 16:20
カルチャーショック
at 2018-01-08 01:19
寒さの感覚
at 2018-01-04 11:16
どうする?来春の転校
at 2018-01-03 23:58
チャンス
at 2018-01-03 09:28
男はプレゼント下手?
at 2017-12-30 07:54
外部リンク
ブログジャンル
記事ランキング
最新のコメント
たまおさん、おひさしぶり..
by あはは at 21:34
どちらも正解のような? ..
by たまお at 09:13
たまおさん、おひさしぶり..
by おもしろおかし at 20:27
堂もぅ。 「けっこうお..
by たまお at 13:57
よねさん、糀さん、コメン..
by おもしろおかし at 00:31
おそかりし・・・もう終わ..
by 糀 at 17:12
おーい、東京の中野の駅前..
by よねさん at 15:50
たまおさん、おひさしぶり..
by おもしろおかし at 11:17
どうもぅ おひさです。 ..
by たまお at 10:41
さよこさん、コメントあり..
by おもしろおかし at 20:48
アニマルライツのサイトを..
by さよこ at 15:51
りりかさん、ご足労ありが..
by おもしろおかし at 05:40


Skin by Excite ism