カテゴリ:米子の来しかた行く末( 2 )

うれしい知らせ

知り合いが、米子から帰ってきました。
彼女をご両親に紹介するための帰省で、それも無事に終わって、結婚式の日どりも、具体的になりかけてるところなんだって。
おめでとう!。

で、もうひとつ、うれしいニュースをおみやげに持ってきてくれました。
お彼岸の米子は、人がいっぱいだったんですって。
2008年に帰ったときは、ほんとうに人がまばらで、さびしい町だったのが、今回は、すごくにぎやかだったそうです。

ほんとうは、レストランかどこかの個室をとって、立派なお料理で彼女をもてなそうと思ってたのですが、2週間前に予約をとろうとしたら、めぼしいところや評判のいいところは、どこもいっぱい。
2008年の連休には、どこもがらがらだったのに。

知り合いは、仕事が忙しくて、アメリカにしばらくいたこともあって、親戚の冠婚葬祭をことごとく失礼していたから、今回は仏前ツァーでした。
連休だったからというのもあるんだろうけど、鬼太郎の電車も、すわれないようなところまでじゃないけど、けっこう座席が埋まってたっていうし、米子駅のお土産やさんのならんでるところも、人が多かったそうだし。
歩いてて人にぶつかるくらい、混んでたそうです。

ま、米子人はお墓まいりとかいうことには義理堅いので、お寺の用事で帰省した人は多かったでしょうけど、それにしても、にぎやかだったというのはうれしいことです。

昔のように、また、土曜夜市などでにぎやかな米子市になるといいなあ・・・
こんだけ人が集まってくるのなら、米子の未来は明るそうです。



人気ブログランキングへ





[PR]
by friendlyclover613 | 2017-09-29 10:46 | 米子の来しかた行く末 | Comments(0)

よかった・・・・

きのうは、ラジオのスイッチをさわったとたんに、鳥取だ、地震だという言葉が聞こえて、あわてました。

私は、親はもうこの世にいないので、米子には、もはや帰るところはありません。
しかし、親しい人はいるので、すごく心配しました。
米子に住む人たちにすぐさま電話したくなったのですが、
「がらがらとまわりがくずれ落ちてくる中で電話が鳴って、話していると逃げ遅れそうになった。」という被災経験者の話を思い出して、電話をかけることを思いとどまりました。

ひと晩待って、ようすをもう少し見てから電話しようと思っていたら、米子はわりと被害が少なかったとかで、ほっとしています。
でも、陶器やさんとか、めがねやさんなどはたいへんだったようですね。
運の悪いかたもいらっしゃったようで、お気の毒でなりません。
どうか、1日も早く、お仕事が回復できますように・・・

でも、死んだ人はとくにいません、という話にほっとしました。
松江の原発も無事だったようで、よかったです。

米子市が今後さらに発展しますように・・・
そして、米子以外の、ひどい被害に遭った方々も、1日も早く、立ち直れますように・・・
祈っています。




人気ブログランキングへ




[PR]
by friendlyclover613 | 2016-10-22 13:03 | 米子の来しかた行く末 | Comments(0)
米子弁よ、世界に羽ばたけ!

by friendlyclover613