そこだけはね

この前出したレモンの記事に、知り合いからいろいろ反応がありました。
トイレもレモンだけできれいにする、とかいう人もいて、ちょっと、まって、って、感じ。
私は化学とかの難しいことはわからないけど、
どうも、感覚的には、トイレだけは洗剤使わないと気持ち悪いです。
私は、レモンだけでトイレ掃除してないよ、
トイレだけは、トイレマジックリンを使ってます。
ただ、それ以上に強い洗剤は使いません。
強い洗剤を使わなくてもいいように、こまめに掃除します。
それと、トイレそうじで使ったぞうきんを使い捨てにするとは言ってません。
新しいのを出して、1回トイレのそうじに使って、捨てるなんて言ってないよ。
台所や部屋で、ぼろぼろになるまでさんざん使ったものを、最後にトイレそうじに使ってから、捨てます。


[PR]
# by friendlyclover613 | 2018-09-21 11:46 | 自然を守る暮らし方を考える | Comments(0)

食糧危機

新しい情報をもらったので、加筆しました。


さかなが、食料として足りなくなっています。
さらに、大量死などのニュースも絶えません。
さかなを少しでも無駄死にさせないようにしなければ。
大量死の原因は、漂白剤などの化学製品だということです。
なるべく使わないようにしたいものです。

私がお手本にしている、Kちゃんのやりかたを紹介します。

お皿もおちゃわんも、漂白剤を使わなくたって、レモンできれいになります。
レモンティーに使ったあとのものでいいのです。
食器や鍋は、すぐに洗うより、しばらく、レモンといっしょに、水につけておきましょう。
レモンティーに使っただけで捨てるのは、あまりにももったいない。
Kちゃんの家族4人分、うちの2人分の夕食の食器が、レモンティーや料理に使ったあとのひと切れのレモンで、みんな真っ白になります。
食器が真っ白になったあと、その水を流しに流せば、流しも排水溝も、臭いが消えます。
臭いだけでなく、汚れもとれやすくなるそうです。

湯飲みなどに、台所特有のにおいがついて、くさくてたまらないことがあるものです。
台所洗剤ではとれないにおいですが、ひとしずくのレモン汁が解決します。

てんぷらなどを作ったあとの油をかためる化学製品もありますが、
Kちゃんは、ああいうものは使いません。
てんぷらを作ったあとの油には、ちらしなどの不要な紙をぎゅうぎゅうに詰め込んで、紙が油を吸いきったら、台所のごみ箱に捨てます。
段ボールも小さく切って、台所の生ごみをいれるごみ箱にいっしょに突っ込んで、生ごみの水分を吸い取らせます。
生ごみを水分でずぶずぶのままにしていると、虫がわいて、近所迷惑にもなります。
水分は、必ず、流しでしぼってから、ごみ箱に捨てましょう。

油汚れには、ウーロン茶が効きます。
台所のガス台などの油汚れには、蚊取り線香を使った後の灰をぬらしたスポンジにつけて拭けば、けっこうきれいになります。

服のしみも、たいていレモンで漂白できます。
レモンだけできれいにならないときは、水道の蛇口の真下に、しみの部分を置いて、1滴づつ水滴をしみに落とします。
自分の家でやると、水をだいじにするという方針に反するので、ちかごろは、近所の川でやっているそうです。
Kちゃんの家の近くの川には、ちょっとした滝みたいな場所があるのですが、Kちゃんは、子どもを遊ばせている間、その滝に、服のしみや黄ばみを打たせています。
1回ではきれいにならなくても、何回か、数時間づつ繰り返し打たせると、きれいになるそうです。

排水溝も、排水溝のそうじ用の化学製品は使いません。
台所もお風呂も洗面所も、こまめにそうじしていれば、そのような薬品はいらないのです。
あれは、おそらく、忙しすぎて排水管をめったにそうじしない人のための薬品でしょう。
排水管のためにはよくないそうなので、
Kちゃんは使いません。

おふろ場のタイルの、ひどくなった黒いよごれは、重曹とクエン酸をふりかけて、しばらく置いておきます。
しゅわしゅわっと音がしますが、大丈夫です。
それから、水とブラシでそうじすれば、きれいになるそうです。
そもそも、そんなに汚れる前に、おふろにはいるときに洗ってしまえばいいのです。
ふろ場をちょこちょこっとそうじしてから、からだを洗うと気持ちいいしね。
さらに言うと、Kちゃんは、おふろの床の汚れは、自分がおふろにはいる直前に、からだを洗うせっけんでこすってしまいます。
バスクリンなどの強い洗剤を使わなくても、からだを洗うせっけんでじゅうぶんきれいになります・・Kちゃんみたいにこまめにそうじしていれば。
おふろの床をそうしてせっけんとブラシでそうじしてから、流さずに、自分がおふろにはいります。
家族の中では彼女が最後におふろにはいりますから、彼女がおふろからあがるとき、湯船のお湯を流しながら、おふろのゆかも、そうじのさいごのしあげをするそうです。
おふろのお湯を翌日洗濯に使うのはやめたそうです。
おふろの残り湯には髪の毛とかのごみもまざっているので、洗濯機に入れると機械のためによくないからだそうです。

重曹は、鍋を焦がした時に使えます。
焦げたところに重曹をふりかけて、水を入れて、しばらく置きます。
それから、強火でその水を沸騰させて、また、しばらく置いて冷まします。
そして、なべ底を金属たわしでこすると、不思議なくらいきれいになります。


以上の情報は、Kちゃんから教わったものです。

みんなが、こういうやりかたをすれば、国内でもレモンがたくさん生産されるようになるでしょう。
国産レモンが売れて、たくさん生産されて、私は、国産レモンを手に入れるのに苦労しなくてもよくなる、ということです。
なんで国産レモンがほしいかというと、国産レモンは防カビ剤が皮にぬってないから、皮も食べられるんです。
鶏肉といっしょに料理するとおいしいからね。





[PR]
# by friendlyclover613 | 2018-09-16 07:58 | 自然を守る暮らし方を考える | Comments(0)

鳥取県米子市の米子弁を世界の流行語にしたい


by friendlyclover613

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
米子弁の世界へようこそ(自己紹介)
米子弁劇場
登場人物紹介
米子弁文法?!米子の言葉
移住情報
米子の名産
米子はお茶の都
米子の人情と暮らし
故郷に錦を飾った米子生まれ
米子を舞台とした小説や物語
おばあさんの知恵
島根県
鳥取県
米子市じゃない米子
その他の国内、国外
お知らせなど
リンク
米子の子どもたちが幸せになりますように
いじめについて
さ、なんだ?
小鳥を守ろう
米子弁検定
自然を守る暮らし方を考える
あははの日記

いっとき
未分類

最新の記事

そこだけはね
at 2018-09-21 11:46
食糧危機
at 2018-09-16 07:58
死人に口なし
at 2018-09-15 12:06
鳥取県民歌
at 2018-09-15 00:35
電子ロックかチェーンか
at 2018-09-13 11:08

ブログジャンル

中国
お笑い

記事ランキング

最新のコメント

コメントありがとう。 ..
by あはは at 13:44
お坊さんの出張なんていい..
by sayoko at 11:24
そういえば、遠い昔に、ピ..
by あはは at 16:00
「ピーマン」のことを 「..
by たまお at 09:26
たまおさん、おひさしぶり..
by あはは at 21:34
どちらも正解のような? ..
by たまお at 09:13