<   2017年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

くじびき

(みやこださん)
こないだ、商店街のくじびきで当たったせっけん、うちの子がみんな持っていんだわ
うちでつかわかおもっとったけど、やってしまったが

この前商店街のくじびきで当たったせっけんを、みんな娘が持って帰ったの
うちで使おうと思ってたけど、やってしまった


(さねしげさん)
どっこもそげだな
うちげもだで
中元も歳暮も、娘がみんな持っていんでしゃーが

どこの家もそうね
うちもよ
お中元もお歳暮も、娘がみんな持って帰ってしまうの


(ふなこしさん)
わけもんは生活がえらいだけんな
若い人は生活が苦しいからね


(さねしげさん)
東京はえらいだけんな
東京はたいへんだからね(生活費がかかるからね)


(ふなこしさん)
なんでだーか
どうしてなんだろう


(みやこださん)
物価がたけだもん
物価が高いもの


(さねしげさん)
米子だと、自転車やちも、借りられーが、東京では、みんな自分で買わないけんだけんな

米子だと、自転車なども近所から借りられるけど、東京では、必要なものは全部自分で買わなければいけないからね


(みやこださん)
うっちゃちゃ、イオンやちに行くときは、みんなで車に乗っていくだけんな
私たち(米子に住んでる者)は、イオンとか(ちょっと離れた大きなスーパー)に行くときは、誰かの車にみんなで乗って行くものね。(だから交通費が節約できる)


解説

自分は幸せと感じるか、という県別のアンケートで、鳥取県は4位でした。
けっこう意外な結果だったので、なんでだろうと、考えてしまいました。

幸せ度に大きく影響するのは、まず経済的なことです。
米子人は、松江などと比べても、けっこう、近所どうしで、気軽に自転車や自動車などを貸し借りしたり、載せてあげたり乗せてもらったりしていて、それが、意外に大きな節約になっているのではないか、と思います。
車庫を貸しているかわりに、その車に、買い物のとき乗せてもらう、という生活をしている人を知っていますが、それで、タクシー代やら電車、バス代がかなり浮いています。
ひとり暮らしのおばあさんなんですが、病院にもその車で連れてってもらえることが多いし、おかかえ運転手がいるような生活だそうです。
米子には、人に気軽にものを貸すタイプが、よそより多いような気がします。
ものというか、その前に、まず、精神的に気前がいいんです。
これだけしてあげたから、これだけ返しなさいよ、というような計算はしません。
そんな計算をしなくても、人間、信じてもらえば、要求されなくても、自然に、お返しをしようという気になります。
それで、米子人どうしの人間関係はなりたっています。
裏切られても、心から謝られれば、こころよく許して忘れてあげるというところも、よそにはあまりないようなよさだと思います。
米子人は・・・自慢になるかもしれませんが・・・陽気で懐が深いです。




人気ブログランキングへ




[PR]
by friendlyclover613 | 2017-07-27 08:01 | 米子弁劇場 | Comments(0)

おみやげ

(みやこださん)
東京みやげ、なんにしょかい
東京みやげ、何にしようかしら


(娘)
この小皿はどう?


(みやこださん)
子どもやちは、さーもん、どこがえだいわからんだけんな
子どもやちは、そんな(小さい)もの、どこがいいのかわからないからね

お上品なんてもんは、あーやちにはわからんだけん
お上品なんてものは、子どもにはわからないんだから

もっとがいなもんだなけらなよろこばんわ
もっと大きい(見栄えがするような)ものじゃないと、喜ばないのよ


(娘)
それもそうだ
さねしげさんとこのおじいちゃんには、このピルケースがいいんじゃない?


(みやこださん)
あのしゅも目がわるんなって、そげなちいせやなもん、まったてて、なくしてだわ
あの人も目が悪くなって、そんな小さいものもらったって、なくしてしまうわ

もっとがいなもんでなけらな
もっと大きなものじゃないと


(娘)
大きなおみやげばっかりで、かさばるわねえ




人気ブログランキングへ






[PR]
by friendlyclover613 | 2017-07-19 21:38 | 米子弁劇場 | Comments(0)

よなごまち

(孫)
おばあちゃん、これ、なんて読むの?


(ふなこしさん)
まつえしよなごまちって読むだしこだがん
松江市米子町って読むんだそうよ


(孫)
なんで、松江によなごなんてところがあるの?


(ふなこしさん)
そげなこと、わたしに聞いたてて、しらんわい
そんなこと、私に聞いても知らないわよ



人気ブログランキングへ






[PR]
by friendlyclover613 | 2017-07-16 21:13 | 米子弁劇場 | Comments(0)

電話をとりつがないお姑さん

関東から1歩も外に出たことがない人が、松江の友達の義実家に電話したら、取り次いでもらえなかったんだって。
なんで、って聞かれて、いっしょに考えてみました。

電話をかけたA子さんは、関東の外に、旅行はしたことがあるけど、関東外に住んだことは1度もない人です。
A子さんが電話をかけたB子さんは、松江出身。
職場で、ちょっとした友達になったんですけど、B子さんは、うちうちの事情がいろいろあって、
東京での仕事をやめて、松江に帰りました。
それで、B子さん、今どうしてるのかな、と、ちょっとお話したくって、松江のB子さんに電話したわけ。

電話がつながったら、B子さんの義理のお母さんが出ました。
普通にこちらの名前を名乗って、B子さんを呼んでくださいって言ったんだけど、
何のご用件ですか、と、聞かれます。
こんなこと聞かれたの初めてでした。
何のご用件、と言われても、ちょっとお話したいとは、いいづらいものね、関東ではありえないことだけに、すぐに返事できないでいると、さんざん根ほり葉ほり聞かれたあげく、とうとう、電話はとりついでもらえませんでした。
関東育ちのA子さんにとっては、え?!って体験だけど、京都や松江でお姑さんと暮らすお嫁さんの生活は、たいていこんなものです。
全部ではないけどね。

A子さんは、関東の感覚で見る限り、礼儀正しいほうだと思います。
きっと、失礼な言い方はしなかったと思います。
が、B子さんのお義母さんには、受け入れてもらえませんでした。

どうしたら、とりついでもらえるんだろう、って、聞かれたんだけど・・・うーん、これはね・・・理屈じゃないのよ。
松江って、京都と似たようなところあります。
結局、早い話が、京都や松江に嫁いだ人に電話して、電話をとったおばあさんに、
「ご用件は何ですか。」と聞かれたら、それはつまり、うちでは嫁に電話はとりつがないことになってます、ということなんです。
表向きは、用件によっては取り次いでやる、という感じで、それを言葉通りに受け取って、こんな用事なんですけど、なんて言うと、もっと用件をいただけませんと取り次げません、と言われます。
それを言葉通りにとってバカ正直に説明すると、もっと、もっとと、さんざん問いただされた挙句、今いそがしいから、どんなご用件かをもっといただけませんと、取り次げません、と言われます。

私の知る限りでは、おじいさんなら、たとえば、「同窓会のことで連絡したいんですけど。」とか、ある程度の説明をすればとりついでくれます。

たとえば、私も、京都の友達に電話をかけるんだけど、こころよくとりついでもらえるのは、本人だけでなく、おとうさんともおかあさんとも、ご主人とも、親しいからなんです。
男のかたの場合は、奥さんともお母さんとも親しいからです。
私の家族と、友達の家族と、家族ぐるみのつきあいだから、電話も、何にも問いただされず、気持ちよくとりついでくれます。
ここまでくるには、手順を踏んでいます。
まず、学校などで出会って、友達になって、親しくなったら、家に招いてくれます。
そこで、おとうさんもおかあさんも、きょうだいも、ぞろぞろ出てくるんで、関東で生まれ育った人はびっくりするんだけど、それを拒否するならば、おそらく、電話もとりついでもらえるようにはならないし、長いつきあいはできないです。
つきあいは個人的なもの、とみんなが考えている東京とは、人づきあいのありようがまったくちがうのです。
干渉されてるとしか思えない人は、根本的に京都人とは合わないということなので、家に招いてくれたその友達本人とも合わないことが、おそかれ早かれわかるでしょう。
私の場合は、自分が海のものとも山のものともわからなかった若い時代を京都ですごしました。
ご家族に紹介されて、たとえば、私が悩みがあるときには、友達だけでなく、お母さんもいっしょに悩みを聞いてくれました。
今の悩みだったら、とてもじゃないけど、友達のお母さんにまで話せませんが、あのころの悩みというのは、
アルバイトで先輩とうまくいかないとか、合唱団で実力的についていかれないとかいうようなことでしたから、自分の親とは職業も生活環境もちがう、友達の親に、いろいろなアドバイスをしてもらったことは、
のちのち、私の人生にプラスになりました。
干渉されているとか、うっとうしいとか思える人の気持ちもわからないではありませんが、いい面もあります。
たとえば、京都まで用事で行ったときに、旧友を訪ねてみようか、とおもいついて、約束せずに行ってみたら、本人がるすのこともあります。
東京とかだと、こんなとき、応対した家族は、私の友達じゃないから、というのが頭にあります。
京都の家族ぐるみの友達だと、娘の友達だから、と、お茶を出して、話の相手もしてくれるんです。
あの子は今、実は・・なんて話も出たりします。
で、しばらく待たせてくれて、待ってても友達が帰ってこなかったら、せっかく遠くから来てくれたのに、うちの子がるすでごめんなさいね、なんて、おみやげまでくれます。
だから、京都の人って、決していやらしいけちじゃないんですよ。

逆に言うと、私は、京都に電話するときは、そういう家族ぐるみのおつきあいの友達にしかかけないし、家にも訪ねて行かないのです。
ご家族と親しくなれなかった人には電話しません。
いやな思いをしなければならないことも、とりついでもらえないことも、最初からわかっているから。
彼女のことは好きだけど、彼女のおとうさんやおかあさんにまで悩みをうちあけたくないわ、という場合には、電話はあきらめています・・・私はね。
こちらがそう思うほどは、むこうも、私のことを好きではないから、気持ちよく電話をとりついでくれないのだと思います。

ほんとうにご両親とかと気が合って仲よくなると、困ったときとかは、家族ぐるみで、ほんとに親身になって、助けてくれるのよ、応援団!て感じで。
その友達とけんかしたときも、2人だけのつきあいなら絶交になってしまうようなときでも、心を打ち明け合えるような友達って、なかなかできないものよ、などと、友達の家族がとりなしてくれたりします。
友達ひとりだけでなく、おとうさんやおかあさんもきょうだいも力を貸してくれる、となると、ほんとに心強いんです。
私が学校を卒業して仕事を探したときは、大不況でした。
泊めてくれて話を聞いてくれて、おとうさんやおかあさんが仕事を紹介してくれて、というのがすごくささえになりました。
私と同年代の友達ひとりの力ではできなかったことです。

おそらく、松江も似たようなものなんじゃないかしら。
松江の人の全部がそうじゃないけど、B子さんのところみたいな家は、例外じゃないです。
関東の人の想像を絶するようなことがいっぱいあります。
関東の人というか、松江から車で1時間ほどの米子で生まれ育った私でさえ、えー?!とさけんじゃうようなこと、松江にはいーっぱいあります。

話をもとにもどしますと、どうしたら電話をとりついでもらえるの、という質問の答えは、家族ぐるみのおつきあいをしなさい、ということになります。
A子さんも松江まで来て、B子さんと同居している義理のご両親や、同じ敷地に住んでいる義理のお姉さんご夫婦などにも紹介してもらって、個人情報を開示することでしょう、
「なんで、こんなことまで聞かれなきゃいけないのよ、関東ならこんなことまで聞かれないのに。」と思うようなこともがまんして。
それでも、電話を取り次いでやってもいい、というところまで気に入ってもらえるかどうかは、保証の限りではありません。
単に、電話を取り次がないのは、お姑さんの、お嫁さんへの意地悪というケースも多いです、
松江でも、京都でも。

意地悪というわけでもないんでしょうけど、たとえば、何のご用件ですか、と聞かれて、お嫁さんに相談に乗っていただきたいことがあるんですけど、なんて、言ったひとがいたそうです。
よほど思いつめて、友達の助けを求めていたのでしょう。
そのとき、お姑さんが、嫁は今忙しいから、私が相談に乗ってあげますよ、なんて言ったそうです。
これも、ちょっと普通では考えられないようなことだけど、結局、それを拒否してしまったので、そのお姑さんをすごく怒らせてしまって、そのお嫁さんである友達とは連絡不能になりました。
連絡不能になったというのは、郵便物も、お嫁さんに届く前に、お姑さんが捨ててしまったんだそうです。
ごみの中から郵便物が出て来たとお嫁さんから連絡があって、すごくショックだったそうです。
携帯電話やスマホ以前の時代の話です。
このときに、彼女がお姑さんに、こころをひらいて、こみいった悩みを打ち明けていれば、もしかしたら、案外、親友がひとりふえたかもしれません。

こういうところに、友達がお嫁に行ってしまったら・・・・
その友達とは、そういうところにお嫁に行ってしまった時点で、つきあえなくなる運命だったんだ、と思ったほうがいいかもしれません。
どうしても連絡したいときは、私は、その彼女の近くに住んでいるほかの友達に伝えてもらうとか、だんなさんが電話に出たときに、気持ちも用事もつたえてもらうとか、していました、メールも携帯もなかった時代にはね。
男の人のほうがやさしいんですよ、こういうことは。

これが、たとえば、東京だとね、私が東京に下宿していたころ、しつこく勧誘してくる友達がいたんです。
大家さんに事情を話して、あの人からの電話は取り次がないでください、って言ったら、
「電話を取り次いでくれない、なんて言われると私(大家さん)が困るから、電話には一応出て、自分で断ってください。」と言われました。
かなりおおざっぱに言えば、こういうのが、関東の人間の発想だと思います。
人にもよるでしょうけど。

千葉の例なんですけど、知り合いのサークルに、母ひとり子ひとりで暮らしている男性がいます。
80代のそのお母さんは、息子の嫁さん候補をみんな追い払っているのですが、電話は、しぶしぶながらでも取り次いでくれるそうです。
取り次ぐ代わりに、携帯やスマホを持つことは許さない、ということらしいですが。

知り合いは、京都の人に、仕事上のことで電話するのですが、お姑さんが電話をとると、絶対に取り次いでくれないのだそうです。
ご主人とか、お舅さんなどが出たら、取り次いでくれるんだそうです。
あんなお姑さんと同居してる彼女の苦労が思いやられるわ、と、みんな言っています。
そういうケースもあるのです。
関東とは、生活感覚も、人間関係のありようも、ちがうのです。
どちらが正しいとか正しくないとかいうような問題ではなく、それがいやならおやめ、ということです。

そういうわけで、私も、京都や松江に住んでる友達の何人かには、電話することはあきらめてるので、それ以上、どうしたらいいかわからないです。
もっといい方法があったら、どうか教えてください。
京都と松江といっしょくたにして書いてしまいましたが、ちがうかもしれません。

では、お嫁さんは、電話をA子さんにかけかえさないの、というのが、A子さんの次の疑問です。
関東にしか住んだことのない人にとっては、当然の疑問です。

理由は、いくつか考えられます。
B子さんに聞いたわけじゃないから、憶測なんだけど。
B子さん同様に松江にお嫁に行った人にも、同窓会の幹事をやった人にも聞いてみました。


1.
お姑さんが、B子さんに、電話があったことを伝えなかった。
意地悪だったのかもしれないし、忘れていたのかもしれません。


2.
お姑さんがA子さんを問い詰めているのを、B子さんがそばで聞いていた可能性もあります。
関東では考えられないようなことですが、松江では、時々、そういうこともあるんだそうです。
そういう場合、電話をお嫁さんがかけ返してこないのは、おそらく、電話が、お姑さんに聞こえるようなところにあるのかもしれません。

携帯を使えばいい、とかんたんに考えるのは、関東の核家族の人の発想です。
家の中で携帯を使っていたら、お姑さんに聞こえるのかもしれません。
私が今住んでいる町では、よく、商店街などのものかげで女性が携帯で話しているのを見かけますが、いなかでは、ああいうことはできないのです。
近所の人やお姑さんの友達などに、そんな姿を見られたらたいへんなことになります。
関東の匿名社会とはちがうのです。


3.
同窓会の幹事をやっていた人が言っていたのですが、同窓会の用事だと言っても、男性だからということで、問答無用で、お嫁さんに電話をとりついでくれないお姑さんも、時々、いるそうです。
そういう場合、お嫁さんが電話をとることはめったになくて、
お姑さんが電話番していることが多いのだそうです。

そのようなところにお嫁に行った人への連絡は、今でこそスマホやメールがありますが、それ以前の時代はどうしてたかというと、その幹事さんの場合は、ご主人あてに連絡していたそうです。
どうしても電話でなければいけないようなときは、ご主人を呼んでもらうか、それができなければ、電話にでたお姑さんに、つぶさに用事を話して、嫁に聞いておきます、と、そして、お嫁さんの返事を、また、お姑さんから聞くという手順を踏まなければならなかったそうです。

年代は関係あります。
私が知っている中では、お嫁さんに電話をとりつぐことを拒否する60代(戦後生まれ)のお姑さんは、少ないです。
近頃は、お嫁さんのだんなさんのお母さんだけでなく、おばあさんがいる家庭も多いので、おそらく、電話をとりついでくれないとかいうのは、お姑さんではなく、ご主人のおばあさんなのではないか、と思えるような話もあります。


京都じゅう、松江じゅうのすべてのお姑さんが、お嫁さんへの電話を、こころよくとりつがないわけではないけれど、関東では考えられないようなことは、たくさんあります。
何かが根本的にちがうんでしょうね。



人気ブログランキングへ






[PR]
by friendlyclover613 | 2017-07-11 13:54 | 島根県 | Comments(0)

なんとしたことだ

(孫)
わーっ、いていていてーっ


(ふなこしさん)
ま、なんとしたことだ、がいな声だいて
まあ、大きな声だしちゃって、いったいどうしたの


(孫)
口内炎かんじゃったよー



人気ブログランキングへ





[PR]
by friendlyclover613 | 2017-07-05 21:26 | 米子弁劇場 | Comments(0)

東京見物

(みやこださん)
わーっ、がいなタワーだなあ
わー、すごく大きなタワーだこと


(みやこださんの娘)
あちゃ、そげながいな声で、米子弁しゃべーだねがん、はつかしがん
ああ、ほんとにもう!、そんな大きな声で、米子弁しゃべっちゃだめよ、はずかしいじゃないの
標準語しゃべーないやい
標準語しゃべりなさいよ


(みやこださん)
よーしゃべらんわ、標準語やなんかい
しゃべれないわよ、標準語なんか


(みやこださんの娘)
なら、そげながいな声出すだねわ、もっと、ちいせやな声でしゃべーだわ
それなら、そんな大きな声出さないのよ、もっとちいさい声でしゃべりなさいよ



人気ブログランキングへ






[PR]
by friendlyclover613 | 2017-07-02 07:35 | 米子弁劇場 | Comments(0)

なつかしい言葉

ふるさとのなまりなつかし停車場の・・・・
この、石川啄木の歌に共感する人はおおいでしょう。
米子弁がなつかしくなったら、このブログを見てください。



人気ブログランキングへ





[PR]
by friendlyclover613 | 2017-07-01 04:50 | 米子弁劇場 | Comments(0)

米子弁よ、世界に羽ばたけ!


by friendlyclover613

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
米子弁の世界へようこそ(自己紹介)
米子弁劇場
登場人物紹介
米子弁文法?!
移住情報
米子の観光
米子の名産
米子はお茶の都
米子の人情と暮らし
米子の四季
故郷に錦を飾った米子生まれ
米子を舞台とした小説や物語
島根県
鳥取県
お知らせなど
リンク
米子の来しかた行く末
思い出話
占い
さ、なんだ?
その他

未分類

最新の記事

さばー
at 2017-08-17 18:26
松江
at 2017-08-13 18:15
ええかげんにしないっ!!!
at 2017-08-13 18:14
くいわけ
at 2017-08-12 14:30
バナナ
at 2017-08-10 00:32
うれしいニュース
at 2017-08-08 20:21
なべ
at 2017-08-06 22:51
しらんててや
at 2017-08-05 22:00
思い出話
at 2017-08-01 16:00
くじびき
at 2017-07-27 08:01
おみやげ
at 2017-07-19 21:38
よなごまち
at 2017-07-16 21:13
電話をとりつがないお姑さん
at 2017-07-11 13:54
なんとしたことだ
at 2017-07-05 21:26
東京見物
at 2017-07-02 07:35
なつかしい言葉
at 2017-07-01 04:50
米子弁ブルース
at 2017-06-28 22:11
だんね
at 2017-06-25 18:20
絶唱
at 2017-06-24 00:55
すっぱいよ
at 2017-06-22 14:00

外部リンク

ブログジャンル

お笑い

記事ランキング

最新のコメント

たまおさん、おひさしぶり..
by おもしろおかし at 20:27
堂もぅ。 「けっこうお..
by たまお at 13:57
よねさん、糀さん、コメン..
by おもしろおかし at 00:31
おそかりし・・・もう終わ..
by 糀 at 17:12
おーい、東京の中野の駅前..
by よねさん at 15:50
たまおさん、おひさしぶり..
by おもしろおかし at 11:17
どうもぅ おひさです。 ..
by たまお at 10:41
さよこさん、コメントあり..
by おもしろおかし at 20:48
アニマルライツのサイトを..
by さよこ at 15:51
りりかさん、ご足労ありが..
by おもしろおかし at 05:40
まちがえました。 ..
by りりか at 21:58
あのブログは、リンクフリ..
by りりか at 21:53