<   2016年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

ほうけたやな   

(孫)
おばあちゃん、オレンジのたね、飲んじゃったよ
おなかのなかで、芽を出さないかなあ


(さねしげさん)
ほうけたやな
ばかばかしい

おひさまにあたらんといと、芽やなんかいでーへんだじぇ
おひさまにあたらないと、芽なんか出ないのよ



人気ブログランキングへ




[PR]

by friendlyclover613 | 2016-04-28 00:32 | 米子弁劇場 | Comments(2)

さ、なんだ   

(さねしげさん)
ま、さ、なんだ?、めずらしやな

まあ、それ何?、めずらしいね


(みやこださん)
米子絣のブラウスにビーズつけただがん

米子絣のブラウスにビーズをつけたの


(ふなこしさん)
ま、きれななあ、
あんたはきよなだけん

まあ、きれいだこと、
あなたは器用だもんね




人気ブログランキングへ





[PR]

by friendlyclover613 | 2016-04-24 12:30 | 米子弁劇場 | Comments(0)

砂の器   

米子弁が出てくる小説のひとつに、松本清張の「砂の器」があります。
実は、私、この小説、読みたいと思いながら、ずっと、きょうまで読まないできてしまっているのですが、
この作家のおとうさまが米子にご縁の深いかたであるとか、米子弁の描写がかなり正確であるとかいうことを、↓のサイトで知りました。
映画化の際のロケも、米子が舞台になったとか。
知らなかった。
今度こそ読まなくては。


米子歴史浪漫・・・

リンクフリーだということで、リンクさせていただきました。
ありがとうございます。




人気ブログランキングへ





[PR]

by friendlyclover613 | 2016-04-18 21:20 | リンク | Comments(0)

ひっとつだい   

(孫)
おばあちゃん、きょうは土曜日だから、商店街でくじやってるよ
あたったら、バンビのバッグがもらえるんだって


(みやこださん)
なら、行ってきないやい

それなら行ってきなさいよ


(孫)
おばあちゃんも行こうよ


(みやこださん)
うちゃ店があーだもん

私は店があるもの


(孫)
一日くらいお休みしたら?


(みやこださん)
そげなわけにいかんわい
こつかいがほしけらあげーけん、としちゃんでもさそって行ってくーだわ

そんなわけにはいかないよ
おこづかいがほしければあげるから、としちゃんか誰かさそって行ってきなさいよ


(孫)
おばあちゃんは、くじ興味ないの?
ソフトクリームの券とか、お菓子とか、いろいろもらえるよ



(みやこださん)
うちゃ、さーもん、ひっとつだいほしねだもん

わたしは、そんなもの、全然ほしくないもの




人気ブログランキングへ




[PR]

by friendlyclover613 | 2016-04-11 00:47 | 米子弁劇場 | Comments(0)

同じ米子弁でも   

同じ米子弁を同じ米子で話すのに、たまに通じないときがあるんですよ。

私の家は、京都の学校を出た者が多いので、京都弁が半分くらいまざっています。
昔からうちと親しくしてきた人たちも、その影響を受けて、だいぶ関西弁まじりになっているのですが、たまーに、同じ米子の人から、何言ってるのかわからないと言われることがあります。
その人は、京都にまったくご縁がない人であったりとか。

私も、同じ米子弁でも、東北弁まじりのSさんの言っていることは、正直、何を言っているのか、半分以上わかりません。
あちらも、私の言っていることがわからないので、Sさんとは標準語を使って話します。

きっすいの米子弁を使っている人は、すごく少ないのではないかと思います。
たいていの家では、出身校のあるところの言葉や、よそからお嫁に来た人たちの言葉がまざった米子弁を使っていると思います。

水木しげるさんは、境港の人ですけど、お母さまが米子の人ですから、私たちと同じ言葉だと思います。
奥様は安来のかただそうですが、米子弁と安来弁とミックスしたら、いったいどんな言葉になるんでしょうか。




人気ブログランキングへ




[PR]

by friendlyclover613 | 2016-04-10 11:41 | 米子弁文法?! | Comments(0)

陣狂う   

(嫁さん)
お義母さん、おそくなってすみません
飛び入りの仕事がはいったものですから


(さねしげさん)
あんた、よーに、子どもやちが腹が減ったいってじんぐるっとーじぇ
うちゃ店があーだけん、めしつくられんだけん

あんた、すごく、子どもたちがおなかがすいたって大騒ぎよ
私は店があるから、ごはんのしたくはできないから


陣ぐるう→おなかがすいた時などに、おなかがすいた、早く食わせろ、と大騒ぎすること




人気ブログランキングへ




[PR]

by friendlyclover613 | 2016-04-08 00:55 | 米子弁劇場 | Comments(0)

米子弁しりとり   

だらずけな→なんだてーこともね→ねわやい→いたしんなーわ→わはしらんかおしとーよ→よーにだらずけで→出んだけんな→なんだしほしねと


ばかばかしい→くだらない理由だこと→ないわよ→からだの具合が悪くなる(気分が悪くなる)→(ほかの人が心配してやっているのに)自分は人ごとみたいな顔してるよ→すごくばかばかしくって→出ないからね→なんにも食べたくないんだって




人気ブログランキングへ




[PR]

by friendlyclover613 | 2016-04-07 12:26 | さ、なんだ? | Comments(0)

お手伝い   

(みやこださん)
きのは、主人が、台所のそうじ手伝ってやーいって、あらいもんしたり、なんだいかんだいしてなあ

きのうは、主人が、台所のそうじを手伝ってやるって言って、洗い物したり、いろいろしてさあ


(さねしげさん)
ま、よかったがん

まあ、よかったじゃない


(みやこださん)
なんが、
男のしゅに、台所のことしてまーとありがためいわくなわ

ちっともよくないわよ
男の人に台所のことしてもらうとありがた迷惑よ


(ふなこしさん)
ほんとだが
男のしゅは、ピントがはずれとーだけん、また、やりなおしせんならんが

ほんとねえ
男の人は(台所のお手伝いしてくれても)ピントがはずれてるから、
また、(私があとから)やりなおししなくちゃならないもの


(みやこださん)
子どものほが、まんだましなやなわ

子どものほうが(台所の手伝いに関しては、亭主より)ましだわ

解説
子ども→自分の子どもという意味ではなく、小学生くらいの年齢の人という意味
ここでは孫のことをさす

子どものほが、まんだましなやなわ→直訳すると、まだましなようなわ、ということなのだが、これは、ほとんど意味のない婉曲な表現
なぜ婉曲な言い方をするかというと、ましだわ、と言い切ることに、すこーし遠慮があるから
なぜかというと、だんなさんが好意でしてくれたことに対して評価しないことを、少し、悪いと思っているから。


(ふなこしさん)
わはええことしてやった、いうつもーだーもんなあ

自分(お手伝いした男性)はいいことしてあげた、というつもりだけどね


(さねしげさん)
男のしゅには、だいどこーに、あんまーはいってまーたくねが

男の人には、台所に、あまりはいってもらいたくないわねえ




人気ブログランキングへ




[PR]

by friendlyclover613 | 2016-04-05 08:00 | 米子弁劇場 | Comments(0)