<   2015年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

乙羽信子

だいぶレトロな話になりますが、女優の乙羽信子さんは、米子出身です。
が、ゲゲゲの鬼太郎とかとちがって、あまり、話題になりませんねー、私の小さいときから。

きっと、米子の人は、この女優さんをあまり好きではないのだと思います。

米子の人は、明るくて開放的で人懐こいけれど、不倫とかいうようなことはきらいなのです。
田舎の人の考え方というのは、日本全国、どこでも融通が利きませんが、米子の人も、不倫とか、略奪愛とか、そういう生きかたを好みません。
襟を正して、きちんとした結婚の形を守る、という生きかたに誇りを持っている人が多いです。

日本の田舎の常として、そういう自分たちとはちがう生きかたをしている人たちに対しては、かなり冷たいしうちをするものです。
たとえば、法的な結婚をしていないのに、いっしょに住んでいるとか、略奪愛で、前妻と子どもたちを犠牲にして結婚したとかいうような人たちに対しては、マイナスの偏見を持ち、おまえみたいな人間とはいっしょに神輿をかつぎたくないとかいうように、口をきかなかったり、仲間はずれにしたり、嫌悪したりすることも少なくありません。

しかし、米子はちょっとちがうかな、と、私のまわりを見る限りでは思うのです。
あの人のしていることは好きじゃないわ、と思っても、仲間はずれとか村八分にするようなことはあまりありません。
「あの人たちが略奪愛の結婚だというのは知ってるけど、人にはいろいろな事情があるもの。
とりあえず、その不倫とは、私は関係ないから。
あたしたち(たとえば近所の人たち)には何の迷惑もかけないし、約束も守るし、悪いことは何もしないんだから、仲間はずれになんかしないわ。
親友にまではなれないかもしれないけど、いっしょにお祭りをするくらいのことはいやじゃないわ。」というのが米子人の考え方です。
結婚届けを出さないで異性といっしょに暮らしている人だろうと、不倫の恋人がいる人だろうと、その人の中に好もしいものや尊敬できるものを見つけたら、友達になってもいいと思っています。
「ひとつ、とってもきらいなところがあるけど、いい人だから友達でいるのよ。」
という考えの人は多いです・・・私が知る限り。
ちなみに、私は、同棲中の人だろうと、どのようないきさつで結婚した人だろうと、偏見はありません。
どのような接し方をするのかは、人によってちがいますが、集団で毛嫌いしたりなんてことは、米子の人はしません。

もし、米子で村八分なんてことがあるとしたら、きっとそれは、その、村八分にされた人が、周囲の人たちによほどの迷惑をかけているとか、人間として、よほど落ちている、たとえば、誰が見ても嫌悪感をもよおすようなことをしているとかのことだと思います。
誰が見ても嫌悪感をもよおすというのは、不倫とかそういうことではなく、たとえば、いつもうそをついて、他人を踏み台にして自分が得しているとか、あるいは、
たとえば、小学生の子どもが回覧板を持って行くと、そこの家のおばさんが裸で、受け取りに出てくるとかいうような、あまりにも常軌を逸したような、教育上悪いことを無神経にしているような人は、近所のみんなから、遠ざけられるでしょう。
ただ、そういう人に対しても、口をまったくきかないとか、あいさつしても返事しないとか、絶対に話の輪にはいらせないとか、だいじなことを、その人にだけ教えてやらないとか、そういうしうちはしない・・・と思います。
正直なところ、そういうへんなこと(教育上よくないようなものを子どもたちに無神経に見せたり、悪質なうそをついたり、あるいは、周囲に迷惑をかけまくるようなこと)をする人を、東京や大阪では見たことがありますが、米子では見たことがないのですけど。



人気ブログランキングへ



[PR]

by friendlyclover613 | 2015-07-29 09:42 | 故郷に錦を飾った米子生まれ | Comments(0)  

城安寺

あんたも、あしたは、さねしげくんげのおじさんに連れていってまーなーだかや?
あんたも、あしたは、さねしげくんのおとうさんに遊びに連れて行ってもらうの?

うん、広瀬ってとこに行くんだって
そいで、城安寺ってところに行くんだって
ジョーちゃんが、日本のお寺が見たいっていうから

ほーん、ええなあ、
ふうん、いいわねえ

まーえから予約しとってだったけんな
(城安寺に)だいぶ前(といっても、今年の3月くらい)に予約してらっしゃったからね
あそこは、見たいいって、すぐには、見られんだけんな
あそこは、見たいときに、すぐに(お庭や古絵などを)見ることができるわけじゃないからね

城安寺ってね、毛利軍が、尼子を攻めていくとき、休んだところなんだって
ジョーちゃんに見せてあげるんだって
広瀬のお城の跡も見に行くんだって

あんた、ええ子して、ついていきないよ
あんた、いい子して(迷惑かけないで、おとなしくして)、ついて行きなさいよ


海のある米子で育った私は、海のないところは息苦しいと思っていました。
が、最近、内陸の町のよさもわかるようになりました。
米子のまわりには、海のない町がたくさんあります。
そんなところの、山と森と畑の景色もいいものですよ。
米子まで来たら、周辺の内陸の郡部の町や村を見て歩くのもおすすめです。



人気ブログランキングへ



[PR]

by friendlyclover613 | 2015-07-17 14:08 | 島根県 | Comments(2)  

じょうちゃん

おおい、ジョーちゃん、遊ぼうよ

うちには女の子はおーへんよ
うちには女の子はいないよ

ちがうよ、アメリカから来たジョーちゃんのことだよ


じょうちゃんというのを、「お嬢さん」=「嬢ちゃん」のことかとまちがえた、おばさんのお話です。
私の同級生に、アメリカで暮らしていた人がいて、そのころアメリカでできた友達が、子どもを連れて、
時々、米子の、彼女の実家を訪ねてきます。
東京より米子が、青い目の子どもたちのお気に入りなんだそうです。
お兄さんも、このお客様たちを大歓迎。
ご実家は、お兄さんご夫婦が、そのままの建物を受け継いで、広い庭はあるし、家も広々としているし。
家や庭のあちこちに巣を作っているすずめやつばめも、家族みたいなものです。
私たちが小さい頃やっていたおにごっこやかくれんぼは、あまり東京の子どもたちはしないみたいですが、ここでは、
お兄さんのお孫さんと青い目の小さなお客様の遊びの定番なんだそうです。
日本の子どもたちがしなくなった遊びが、アメリカで受けつがれていくのかもしれませんね。




人気ブログランキングへ




[PR]

by friendlyclover613 | 2015-07-04 13:27 | 米子弁劇場 | Comments(0)