とっとり県よなご市

スキー&スノーボード2004-2005

カテゴリ:米子はお茶の都( 3 )

茶人

茶道がさかんなのは同じでも、松江と米子とでは、だいぶちがいます・・私が知る限り。
何がちがうかというと、たとえば、松江では、茶道の先生の資格を持っているとか、茶道を習っているとかいうようなことは、自己紹介の時に言うとか、初対面でなくても、知り合ってわりとすぐに言うみたいです。
これは自慢ではなく、茶道を習っている人と、そうでない人を区別する、そんな感覚みたいです。
おばあさんから習っただけの人は、「飲み方くらいなら知ってますけど、習ってはいません。」と言います。
米子人は、そういう区別はしません。
米子人にとっては、お茶とは、まず、みんなで楽しむものなのです。
たとえば、知り合って10年くらいたってから、たまたまご自宅におじゃまする機会があって、お煎茶を淹れてくださって、誰かが、あら、これはしろうとの淹れ方じゃないわね、ということに気が付いて、実は、彼女はお煎茶を何十年も・・なんてことを初めて聞くとかいうようなことが多いのです。
本人は言いませんよ、まわりの人が、あの人はあそこのいち番弟子なのよ、なんてことを言うんです。
だから、たとえば、お煎茶の先生が、「私は先生よ。」なんてことはひとことも言わず、みんなにお茶を出してくれてて、みんな、何も知らずに、あの人、お茶淹れるのじょうず、なんて言ってて、何年かたってから、彼女は先生なのよ、というようなことを聞いたり、なんてことも、よくあります。
おばあさんから習っただけの人が、先生級の人をうならせるだけの力を持ってたりということも、わりとあります。

松江と米子とでは、お茶の楽しみ方が全然ちがうように思います。

[PR]
by friendlyclover613 | 2018-01-31 08:18 | 米子はお茶の都 | Comments(0)

米子の茶道の来しかた行く末

日本の伝統文化はすばらしいものですが、間口が狭いのが欠点です。
相撲でも、文楽でも、柔道のように、もっとリラックスしたところからはいれれば、もっと、世界中に日本の文化をひろめることができて、後継者の確保も、もっとらくになるだろうに、と思います。

茶道というと、京都とか松江とかのほうが本格派だというイメージがあるようですが、お茶の心とは、形ばかりではないと思います。
私は茶道学者ではないので、難しいことはわかりませんが、とりあえず、誰でも仲間にいれてあげる、寒いところにいる人を、暖かい部屋に招いてあげる、それが誰であろうと、疑うのは、おいしいお茶を出して、まず温まってもらってから、という米子のやりかたのほうが、お茶の心の本質に近いような気がします。

茶道とは、もともと、中国では茶法、つまり、お茶を淹れることのハウツーだったものです。
それを、「茶道」という精神的なものにしたのは日本人です。
日本の文化の深さ偉大さ・・日本人の精神性はすごいですね。

松江のお殿様は遠州流だったそうです。
遠州流をやっている人のお話を聞いていると、深みがあって洗練されてていいなあ、とも思うのですが、それだけに、気難しいような、間口が狭いようなところがあります。
私が裏千家流を選んだのは、引越しが多い人生だからです。
裏千家流なら、日本全国どこへ行っても、先生には不自由しません。
遠州流よりカジュアルで初心者にははいりやすいともアドバイスされたこともあります。
茶道を世界中に広めたのは、裏千家流の家元の功績なんだそうです。

リラックスしたところから茶道の世界にはいれるということでは、裏千家がいちばんなんだそうです。
そんな、遠州流と裏千家流のちがいが、そのまま、松江と米子のちがいなのかな、と思います。

松江でお茶を習っている人に聞くところによると、カジュアルなかっこうでお茶会に出るなど、とんでもないのだそうです。
その人は裏千家流ですが、やはり、松江の人は型をだいじにするんですね。
洋服でも、それなりの立派なものを着ないといけないそうです。
京都の人は、おもてなしにふさわしいお菓子がない時は、うちでお茶しましょうとは言わないのだそうです。
京都の人がお茶に誘ってくれるときは、おいしい立派なお菓子が必ず用意してあります。

米子のお茶会は、着るもののこととかにも、そんなにうるさくありません。
もしかしたら、私が寄せてもらっていたところ以外ではそうでもないかもしれませんが。
お客様が来たら、エプロンをつけたまま、ささっとたてて、どうぞ、と出すのです。
ありあわせのお菓子でも、残り物のケーキでも、あるものでおもてなしします。
準備はしていないけれど、とりあえず、たとえば、寒いところでふるえているより、早く暖かいところにきてくださいよ、というのが、
米子のおもてなしの心なのです。

ほおづえついててもいいのです。
お点前を習ったことがなくてもいいのです。
いっしょに笑って、心が通じ合いさえすれば。
難しいことは、もっと茶道のことを知りたくなってから習ってもかまわないのです。

形にはこだわりませんが、米子の人は舌が肥えています・・自分で言うのもおかしいけど、おいしいお茶を毎日飲んで育ったことは、人生に大きなプラスになっていると思います。

哲学の三村勉先生は、お料理がたいへんおじょうずだったそうです。
三村先生のおいっこに当たるかた(東大の医学部卒のかたとは別人)が、長田のお茶屋さんのお嬢さまと、ずっと同窓だったそうで、そういうつきあいもあったのかもしれません。

三村先生は、米子で生まれ育ち、京大と東大とどちらを選ぶかという段になって、
西田幾多郎先生に師事するために京都大学を選ばれました。
そして、大学教授となられ、確か、京都大学の茶道クラブの顧問をなさってました。
作家の五木寛之さんの社会人入学を、龍谷大学が迎えた当時の文学部長は、名誉教授でもあられた
三村先生でした。
哲学の難しいことは、私はわかりませんが、
三村先生の哲学の下地には、米子独特の温かいヒューマニズムがあるのではないでしょうか。

ありあわせのお菓子でも、残り物のケーキでも、おいしいものにはちがいないです。
米子には、安くておいしいお菓子がたくさんあるのです。
その点では大阪と似ているのかもしれません。

京都のやりかたと、米子のやりかたと、どっちが正しいか、という議論はしたくありません。
どちらにもそれぞれのよさがあるのですから。

ただ、松江や京都ではうまくいかないだろうな、米子でないとできないだろうな、と思うことがひとつあります。
茶道をいろいろな人が、その人の条件に適した形で無理なく楽しむことができるようにすること。
今の形を全面的に守って、それ以外の形を否定していたら、たとえば、身体障害者の人は初めからお茶が習えないということになってしまいます。
そうして、条件で人をしめだすことが、本当のお茶の心でしょうか。
お手前をひとつまちがえたらいけないというようなことは、だいじなことではあるけれど、2次的なことのように、私は思います。

私の知り合いがボランティア活動をしていますが、お抹茶をたててあげると、すごく喜ぶ人が多いのだそうです。
習いたいのに、このからだでは、と無念がる人も少なくないそうです。
そういう人たちに、まず、おいしいお茶の味を知ってほしい、お茶で心がつながることを知ってほしい、という願いをこめて、彼女は、そのような人たちに、毎日、おいしいお茶を提供しています。

車椅子に乗っている人も、白い杖なしでは歩けない人も、着物を持っていない人も、どんな人でも、その人に適した入り口から茶道にはいれるようにすることこそ、真のお茶の心を形にするということなのだと私は思いますが、どうでしょうか。

市民みんなが、形にとらわれず、みんなでわいわい楽しくやりながらお茶を楽しむ米子は、松江とは持ち味のちがう、米子ならではのお茶文化が、これから創造されていくのだと思います。
そのプロセスには、ハンディを背負った人にも、それなりの条件の範囲内でお茶を楽しんでもらうことも・・・私はあってほしい、それは、米子のようなところでないとできないのではないか、と思います。


参考にさせていただいた本

「新しい茶道のすすめ」
黒川五郎著

ティーセラピー




人気ブログランキングへ




[PR]
by friendlyclover613 | 2017-03-13 06:22 | 米子はお茶の都 | Comments(0)

お茶の都

米子の人はお茶が好きです。
意外なイメージかもしれませんが、米子では、私の知る限り、けっこう茶道もさかんなのです。
お煎茶もお抹茶も、米子の人は好きで、おいしく淹れて、気前よく誰にでも振る舞います。
松江や京都とちがうのは、気どらないこと、カジュアルなことです。

米子では、私が子どものころは、初対面の人でも、道を聞きにきた人にさえも、暑いときは冷たいお茶を、寒いときには熱いお茶を、気軽にふるまいました。
夏の暑い日などには、郵便やさんや配達の人に冷たいジュースを出して、玄関先で飲んでもらったりというような光景が、当たり前のこととして日常にありました。

今は・・と言うとね、知らない人を受け入れるのも、昔ほどには、気軽ではないかもしれません。
でも、私、いろんなところで暮らしましたが、米子というところは、ほんとうに、知らない人にも親切なところですよ。
その土地で受け継がれてきた人間の心が、そうそう、数十年で、がらりと変わってたまるものですか。
よくも悪くもね。

京都などでは、ちゃんとしたお菓子がないと、お茶に人を呼べないなんて感じですが、
米子では、あるもので、気取らず、飾らず、心でもてなします。
急なことで、何の用意もしてませんけど、とりあえず、寒いでしょう、疲れたでしょう、うちのお茶で温まってくださいよ、と。
そうして、よそから来た知らない人でも、まず、お茶を出してもてなし、温かく迎え入れ、友達になります。

そうして、友達の輪はひろがっていきます。
米子の人は、そうして、毎日、おいしいお茶をかこんで、家族と、近所の人と、職場の人と、友達と、親戚と、楽しく笑って暮らすのです。
お菓子は、いつも、どこからか何か出てきます。
あの人はいつも他人の持ってきたものばかり食べて、自分は何も持ってこない、というような陰口は言いません。
たまにはあんたも何か持ってきなさいよ、なんてことも、言いません。
そうしてごちそうになってばかりの人が、たとえば宝くじが当たれば、ドカンとホールケーキを買って持ってきたりするのです。
お煎茶のおともが、クリームたっぷりのケーキでも、誰も難しいことは言いません。
松江で生まれ育って茶道をずっと習っているとかいうような人から見れば、
米子はザツかもしれませんけどね。
米子人は、作法とか、このお茶にはこのお菓子でなければいけないとかいうような細かいことは、あまり気にせずに、笑いながら、そこに集まったものをいっしょに食べて、楽しい時間を過ごします。
きのう引っ越してきたばかりの人も、気軽に仲間にいれてあげます。
わけへだてしない、気前のいい米子人は、楽しいおしゃべりと人間が大好きなのです。

松江は形を重んじる文化、米子はハートや中身のほうが先ということでしょう。
どちらも大切にしたい文化だと思います。

さきほど、ハーブティーを飲みながら思いました。
私は、お抹茶も大好きだけれど、ハーブティーも、コーヒーも、大好きです。
ハーブティーのような新しいものは、松江より米子のほうが受け入れる幅が広いと思うのです。
お抹茶だけでなく、新しいお茶もどんどんとりこんで、松江や京都とはちがうお茶の文化を、これから創造していく町にならないかなあ、と、ふっと考えました。




人気ブログランキングへ




[PR]
by friendlyclover613 | 2016-01-03 01:07 | 米子はお茶の都 | Comments(0)


米子弁よ、世界に羽ばたけ!
by friendlyclover613
カテゴリ
最新の記事
方言の女王様
at 2018-02-16 23:45
ばば
at 2018-02-16 23:42
かせー
at 2018-02-11 22:06
いんやだわやれ 2
at 2018-02-10 23:45
いんやだわやれ
at 2018-02-10 09:10
かか
at 2018-02-03 10:59
テスト
at 2018-01-31 10:44
茶人
at 2018-01-31 08:18
信じられん・・・
at 2018-01-30 11:14
気くばり
at 2018-01-24 17:00
ねこの婚活
at 2018-01-17 09:48
お医者様のための西洋占星術
at 2018-01-10 21:08
米子弁クイズ
at 2018-01-08 16:20
カルチャーショック
at 2018-01-08 01:19
寒さの感覚
at 2018-01-04 11:16
どうする?来春の転校
at 2018-01-03 23:58
チャンス
at 2018-01-03 09:28
男はプレゼント下手?
at 2017-12-30 07:54
ふるさと
at 2017-12-26 00:00
ブログタイトルを変えました
at 2017-12-24 07:00
外部リンク
ブログジャンル
記事ランキング
最新のコメント
たまおさん、おひさしぶり..
by あはは at 21:34
どちらも正解のような? ..
by たまお at 09:13
たまおさん、おひさしぶり..
by おもしろおかし at 20:27
堂もぅ。 「けっこうお..
by たまお at 13:57
よねさん、糀さん、コメン..
by おもしろおかし at 00:31
おそかりし・・・もう終わ..
by 糀 at 17:12
おーい、東京の中野の駅前..
by よねさん at 15:50
たまおさん、おひさしぶり..
by おもしろおかし at 11:17
どうもぅ おひさです。 ..
by たまお at 10:41
さよこさん、コメントあり..
by おもしろおかし at 20:48
アニマルライツのサイトを..
by さよこ at 15:51
りりかさん、ご足労ありが..
by おもしろおかし at 05:40


Skin by Excite ism