カテゴリ:島根県( 5 )   

絶唱   

舟木一夫さんの「絶唱」の舞台が松江だなんて、実は、最近初めて知りました。

舟木一夫さんと言えば、私たちより1世代上の人たちのアイドルです。
小学校の時、おにいさんやおねえさんがたくさんいる友達がいて、その友達の家に遊びに行くと、
「美しい十代」という雑誌が毎月あって、私は、おねえちゃんがあれ買ったよ、と聞くと、すぐさま遊びに行って見せてもらったものです。
舟木さんのレコードもたくさんありました。
しかし、あの絶唱の原作の舞台が松江とは、驚きでした。



人気ブログランキングへ





[PR]

by friendlyclover613 | 2017-06-24 00:55 | 島根県 | Comments(0)

松江   

松江を舞台にした歌舞伎のことについて、私、まちがったことを書いてしまっていたみたいです。
教えてくださったかた、ありがとうございます。
読者のみなさま、申しわけありませんでした。
まちがえて書いていた部分を消して、記事全体を、少し書き直しました。



松江のことを聞かれることも多いので、松江のことについて、私が知っていることを書いてみます。
私も、松江をよく知っているというほどでもありませんが、少しでもみなさまのお役に立てればうれしいです。

松江は、米子とちがって、お殿様がしっかり君臨していたところですから、
米子と比べると、言いにくいけど、よそものにはちょっと冷たいかな、というのは、正直言って否めません。

でも、県庁所在地で、人口が多いですから、いろんな人がいるんですよ。
すごくいい人も、やさしい人も、親切な人も、人なつこい人も、意地悪な人も、へんな人もいます。

ミッションスクールもあるし、小泉八雲が暮らしたりしたところですから、外国人には慣れている土地です。
外国人といってもいろいろありますが、松江を気に入るのは、欧米系の知的レベルの高い人が多いようです。
そのような外国人との交流によって、考え方が洗練された、教養のある人も、数は少ないでしょうが、いるんですよ。
こんないなかに、こんな洗練された考え方のできる人がいるのか、というような、懐の深い教養人がいます。
中村元という哲学の先生も、故郷の松江をすごく愛しておられたそうです。
キリスト教や仏教など宗教的な信念から「来るもの拒まず」的な生きかたをしている人も、理想家肌のヒューマニストも、少数派でしょうが、います。
いなかだからレベルが東京より低い、なんていわせないような実力者も、各分野にいます。
芸術のレベルも高いです。
ハイレベルなコンサートもあるし、音楽家や画家もたくさん輩出しています。
「ギャートルズ」の作者の園山しゅんじさんも、俳優の芦田伸介さんも、松江出身です。

小泉八雲先生の奥様は、松江の女性の典型的なタイプでしょう。
芯はしっかりしていて、内心誇りを高く持っていても、行動は女性らしくお淑やかで控えめです。
人の悪口とか、嫌いだ、とかいうようなことを大声で言うような下品なことは、松江の上流の女性はしません。
どうしても言いたいときは、たったひと言、そっと刺す様にちくりとです。

新編「日本の面影Ⅱ」(角川ソフィア文庫)では、
日本女性の鏡のような慎ましさと繊細さがあふれる知性豊かな文章に、セツ夫人のおひとがらがしのばれます。
あれだけの量の中に、たったひと言です。
松江の女性の中でも教養のある人の感じ方や生きかたを、私は知っていますが、おそらく、
セツ夫人も、きっと、あのたったひとことを言わず(書かず)にはいられないくらいお嫌だったのでしょう。
少しくらいいやなことなら、いちいち口には出さないのです。
夫は好きでも私は別です、という気持ちを、あのように、たったひとことで表現なさったのです。
昔の女性の言葉表現は、なんて奥ゆかしくつつましいのでしょう。
日本女性の鏡というだけでなく、松江の教養人の鏡ともいうべきかたです。

庶民的な米子に比べて、松江は、冗談が通じない、おおらかさを欠くところはあるかもしれません。
松江は、よく言えば、律儀、慎重、まじめ、シリアス、悪く言えば陰湿、
米子は、よく言えば、ざっくばらん、ほがらか、気取らない、悪く言えば、ちょっとザツ・・・でも、デリカシーがないということではありませんよ。
細かいことは気にしないけど、人の気持ちにはよく気がつくのが、米子人のいいところです。

最初に意地悪な人に出会ってしまうと、もう、松江なんて嫌いだ、と思ってしまうかもしれませんが、それはもったいないことです。
いろんな人がいるのだから、意地悪な人にはさっさと見限りをつけて、自分に合った仲間をさがしてみましょう。
あなたが、よほどめちゃくちゃな人間でないかぎり、きっと、いごこちのいい居場所と楽しい仲間に出会えると思います。
懐の深い教養人や実力者の先生などから学ぶことも多いでしょう。
中村元先生が言われるような、「もの静かで奥行きがある人間」、職人肌の、愛想は悪くても尊敬されている人、松江には、いい人が、ほんとにいっぱいいるんですよ。
京都人同様、松江の人は、用心深くて、とっつきは悪いですが、1度親しくなったら、ほんとうに誠実です。
ただ、グリーンに染めた髪とか、背中が上半分しかないカーディガンとかいうようなものには、問答無用で拒絶反応をする土地柄ですから、そのようなことには気をつけたほうがいいでしょう。
今は、わりとそうでもなくなったような話も聞きますが、私が松江で暮らしていたころは、髪をグリーンに染めてる人は同じ人間と思ってもらえないような感じでしたよ。
東京では、誰もが気にしない、背中の下半分がないカーディガンとか、すその長さが後ろと前とでちがうスカートとかを着て松江に帰省したら、
お母さんが命がけで、松江では絶対にこれを着て歩いてはいけない、と、止めたんだとか。
米子なら、誰も、偏見持ったりしませんけどね。

最後に、このブログの読者だけに、まる秘情報を。
あんまり大きな声では言えませんがね・・・同じ松江市でも、いじわるな人やへんな人の多い地域と、
親切な人がたくさん住んでいる地域とがあります。
これ以上、個有名詞までは出せませんが。



人気ブログランキングへ





[PR]

by friendlyclover613 | 2017-05-15 17:53 | 島根県 | Comments(2)

ヘルン旧居   

(お客さん)
松江のハーンの旧居は、ここからどうやって行けばいいんですか?。

(さねしげさん)
え、ハーン?なんだ、そーは
え、ハーン?、何、それ

(お客さん)
ハーン

(さねしげさん)
・・・知らんじぇ、さーもん
知らないねえ、そんなものは

(お客さん)
ラフカディオ・ハーンですよ
小泉八雲

(さねしげさん)
ああ、ヘルン旧居
うっちゃちゃヘルンいうだけん

ああ、ヘルン旧居
わたしたち(米子の住人)は「ヘルン」って言っているから




人気ブログランキングへ




[PR]

by friendlyclover613 | 2015-10-29 16:59 | 島根県 | Comments(0)

城安寺   

あんたも、あしたは、さねしげくんげのおじさんに連れていってまーなーだかや?
あんたも、あしたは、さねしげくんのおとうさんに遊びに連れて行ってもらうの?

うん、広瀬ってとこに行くんだって
そいで、城安寺ってところに行くんだって
ジョーちゃんが、日本のお寺が見たいっていうから

ほーん、ええなあ、
ふうん、いいわねえ

まーえから予約しとってだったけんな
(城安寺に)だいぶ前(といっても、今年の3月くらい)に予約してらっしゃったからね
あそこは、見たいいって、すぐには、見られんだけんな
あそこは、見たいときに、すぐに(お庭や古絵などを)見ることができるわけじゃないからね

城安寺ってね、毛利軍が、尼子を攻めていくとき、休んだところなんだって
ジョーちゃんに見せてあげるんだって
広瀬のお城の跡も見に行くんだって

あんた、ええ子して、ついていきないよ
あんた、いい子して(迷惑かけないで、おとなしくして)、ついて行きなさいよ


海のある米子で育った私は、海のないところは息苦しいと思っていました。
が、最近、内陸の町のよさもわかるようになりました。
米子のまわりには、海のない町がたくさんあります。
そんなところの、山と森と畑の景色もいいものですよ。
米子まで来たら、周辺の内陸の郡部の町や村を見て歩くのもおすすめです。



人気ブログランキングへ



[PR]

by friendlyclover613 | 2015-07-17 14:08 | 島根県 | Comments(2)

安来の言葉   

ゲゲゲの女房、つまり水木しげるさんの奥さんのふるさとは、米子の近くの安来というところです。
ほんとに隣どうしの町なのに、米子弁と安来弁とでは、だいぶちがうので、おふたりがであったとき、言葉が通じたんだろうかと思ってしまいます。

きょうは、安来弁をちょっと紹介します。

私が、初めて、安来弁の人と話したのは、子どもどうしででした。

「わ↓あは、きのう、あそこをあるいちょったかや?。」ちょっと、記憶がはっきりしないのですが、印象に残ったのが
「わ↓あ」という2人称。

けんかしたら、「なんだ!わあは!」です。

米子弁では、「あ↓んた」です。

最初、さっぱり、意味がわかりませんでした。

米子弁では、「わ」というのは、「自分」という意味です。

これだけ言葉が通じなければ、お殿様も安心だったでしょう。


人気ブログランキングへ
[PR]

by friendlyclover613 | 2014-05-19 00:11 | 島根県 | Comments(0)