とっとり県よなご市

スキー&スノーボード2004-2005

方言の女王様

方言とひと口に言っても、まんがになる方言と、まんがにならない方言とあると思います。

日本の方言の王者、東北のズーズー弁は、ほかの地方の者にも笑えます。
米子弁も、王様とまではいかなくても、女王様くらいにはなれるかも。
しっかりまんがになります。
水木しげるさんのまんがで、ときどき、ねずみ男などが、米子弁を使っています。
小学校のとき、京都から転校してきた男の子は、「かか」という言葉を生まれて初めて聞いたとき、30分くらい笑いが止まりませんでした。

私のこのブログを、あるところの人がまねして、〇〇弁を教えましょうとか、ネットで流しているけれど、残念ながらちっともおかしくありません。
〇〇に赴任する人には役に立つんでしょうが、それ以外の人が見ても、ちっともおもしろくありません。

なぜなのでしょうか。
ズーズー弁や米子弁と、〇〇弁とどこがちがうんでしょうか。

ズーズー弁にしても、米子弁にしても、標準語の意味、標準語の言葉が透けて見えるのです。
たとえば、おそまつくんのデカパンの言ってることの意味がわからないという人は、日本には、まずいないでしょう。

知名度とかは、米子弁より関西弁のほうが上かもしれませんが、笑えるということに関しては、
米子弁のほうが上だと思います。
関西弁も、京都と、大阪と、神戸とでは、微妙にちがうのですが、どれも、笑えるという点では、
米子弁に及びません。

博多弁も、わりとわかりやすいです。
私の学生の時、同じ下宿に博多出身の子がいましたが、下宿でも、博多弁を使っていました。
私だけじゃなくて、ほかの人も、なぜか、彼女の言っていることの意味がわかるんですよ、わからなくても不思議じゃないのに。
彼女が「ばかんすな!。」とどなったときは、大爆笑でした。
彼女の博多弁と私の米子弁は、下宿のみんながマスターするのが早かったです。
でも、笑えるという点では、私は、やはり米子弁のほうが上だと思います。

米子弁も、かかという言葉には、標準語の「お母さん」という言葉の面影があります。
ほうけたやな、というのも、標準語のねぼけたような、とかほうけたような、という言葉が透けて見えます。
聞いてすぐに意味がわかるのです。
だらずけな、とか、しんけけな、とかいうのは、よそから来た人には、最初は意味がわからないでしょうが、慣れると、言葉の意味、内容に、フィーリングがどうしようもなくぴったりなのが納得できます。

〇〇弁は、標準語の単語とはまったく似ても似つかないので、聞いてすぐに意味がわかりません。
だから、米子弁のまねをしようとしても、同じようにはできないのです。




[PR]
# by friendlyclover613 | 2018-02-16 23:45 | 米子弁文法?!米子の言葉 | Comments(0)

ばば

(30年くらい前の息子)
あそこのおばあちゃん、ひとりでかわいそうだね。
となりのおじいちゃんと結婚すればいいのに。


(ふなこしさん)
だーずけな、だーが、あげなばばになって結婚すーもんがおーだかな
ばかばかしい、あんなおばあさんになって結婚する人なんかいるわけないわよ



今でこそ、もう、80にもなって、なんて言ったら、何言ってんの、と言われそうですが、
30年くらい前は、こんな時代でした。


人気ブログランキングへ





[PR]
# by friendlyclover613 | 2018-02-16 23:42 | 米子弁劇場 | Comments(0)

かせー

(ふなこしさんの孫)
おばあちゃん、あひるを捨てるっていうから、かわいそうだからもらってきた


(ふなこしさん)
ま、け、九官鳥からあひるから、犬からねこから、うちは動物のデパートだわ
まあ、ほんとに、九官鳥にあひるに犬にねこに・・うちは動物のデパートね


(孫)
何か食べさせなくちゃ、あひるってケーキ食べるんだって
森田君が言ってた


(ふなこしさん)
へんなもんかせてしなせらかわいさなで、
へんなものを食べさせて死なせたらかわいそうよ、


(孫)
へんなものじゃないよ、おれたちが食べてるケーキだよ


(ふなこしさん)
にんげとあひるとでは、からだの構造がちがーだけんな
人間とあひるとでは、からだの構造がちがうからね

にんげのたべーもんかせてしなせーことだってあーだけん
人間の食べるものを食べさせて死なせることだってあるんだから

みやこださんげのおいぶしが獣医さんだけん、何かせらえか聞いてくーわ
みやこださんのおいっこが獣医さんだから、何を(あひるに)食べさせたらいいか、聞いてくるよ



[PR]
# by friendlyclover613 | 2018-02-11 22:06 | 米子弁劇場 | Comments(0)

いんやだわやれ 2

(ふなこしさん)
また、消費税があがーかもしれん
また消費税があがるかもしれない


(みやこださん)
いんやだわやれ、10パーセントもやなんかい
いやだ、10パーセントもなんて



[PR]
# by friendlyclover613 | 2018-02-10 23:45 | 米子弁劇場 | Comments(0)

いんやだわやれ

(ふなこしさん)
きのは、ごみ捨て場のそうじは、あのしゅの番だっただねかや
きのうは、ごみ捨て場のそうじは、あの人の番だったんじゃない?

(みやこださん)
いんやだわやれ、きのは、ごみはやすんみだったがん
ちがうよ、きのうは、ごみ(収集自体)がお休みだったじゃん

(ふなこしさん)
あ、そげだったな
ああ、そうだった





[PR]
# by friendlyclover613 | 2018-02-10 09:10 | 米子弁劇場 | Comments(0)

かか

(ふなこしさんのおばさん)
ほんに、あそこのかかは、約束した時間に間に合ったことがね
ほんとに、あそこのおばさんは、約束した時間に間に合ったことがない


(ふなこしさん)
あんたがそげしてこどもやちの前で、米子弁つかーなーけん、よーに、あの子やちがまねしてこまーがん
あなたがそうして子どもたちの前で米子弁使うから、あの子たちがまねして、(ふなこしさんとしては、しつけ上)困るのよ


(九官鳥)
かか、ばば、かか、ばば、


(ふなこしさん)
見ない、鳥までまねすーがん
見てよ、鳥までまねしてるでしょう


[PR]
# by friendlyclover613 | 2018-02-03 10:59 | 米子弁劇場 | Comments(0)

テスト

(みやこださん)
こんどの日曜は、うちのおじいさん(みやこださんの夫)がでかけーだけん、スキー、いーならつかーないやい

次の日曜日は、うちのおじいさんが外出するから、(おじいさんの)スキー、要るなら使っていいよ


(ふなこしさん)
ま、だんだん、ひとりふえーだけん、かしてまーわ
まあ、ありがとう、(次の日曜日にスキーに行くメンバーが)ひとりふえるから、貸してもらうよ

だーもん、めずらしな、
でもめずらしいね

あんたげのが日曜日、ひとーでどっか行きなーてーは
お宅のおじいさんが、日曜日に、ひとりでどこかに行かれるというのは


(みやこださん)
あんな、立町のみっちゃんが結婚すーだと
そーで、彼氏を親に紹介すーいうで、おじさんもきて、って言われただがん

あのね、立町のみっちゃんが結婚するんだって
それで、彼氏を親に紹介するので、おじさん(みやこださんの夫)も来てください、って言われたの

彼氏にテストすーだと
彼氏にテストするんだって

すきやき食わせてみて、さっさと礼儀正しく食べたら、娘むことして合格。
すきやきを食べさせてみて、さっさと礼儀正しく食べたら、娘の結婚相手として合格。

きたねだことの、ぐずぐずもんく言ったら不合格
きたないとか、ぐずぐずもんく言ったら不合格


(ふなこしさん)
そーはええかんがえだわ
それはいい考えだわ

なべをみんなでつつくだけんな
ひとつのなべをみんなでつつくからね

いっしょに酒飲むだけだなしに、すきやきいっしょに食わ、性格がよーわかーけんな
お酒をいっしょに飲むだけじゃなくて、すきやきをいっしょに食べたら、性格がよくわかるからね

うちげも、いっちゃんやちが女の子つれてきたら、そげすーけん
うちも、いっちゃんたち(ふなこしさんの孫)が、この人と結婚すると言って女の子を連れてきたら、すきやきを食べさせてテストしよっと



この記事は、旧ブログの記事をアレンジしたものです。

[PR]
# by friendlyclover613 | 2018-01-31 10:44 | 米子弁劇場 | Comments(0)

茶人

茶道がさかんなのは同じでも、松江と米子とでは、だいぶちがいます・・私が知る限り。
何がちがうかというと、たとえば、松江では、茶道の先生の資格を持っているとか、茶道を習っているとかいうようなことは、自己紹介の時に言うとか、初対面でなくても、知り合ってわりとすぐに言うみたいです。
これは自慢ではなく、茶道を習っている人と、そうでない人を区別する、そんな感覚みたいです。
おばあさんから習っただけの人は、「飲み方くらいなら知ってますけど、習ってはいません。」と言います。
米子人は、そういう区別はしません。
米子人にとっては、お茶とは、まず、みんなで楽しむものなのです。
たとえば、知り合って10年くらいたってから、たまたまご自宅におじゃまする機会があって、お煎茶を淹れてくださって、誰かが、あら、これはしろうとの淹れ方じゃないわね、ということに気が付いて、実は、彼女はお煎茶を何十年も・・なんてことを初めて聞くとかいうようなことが多いのです。
本人は言いませんよ、まわりの人が、あの人はあそこのいち番弟子なのよ、なんてことを言うんです。
だから、たとえば、お煎茶の先生が、「私は先生よ。」なんてことはひとことも言わず、みんなにお茶を出してくれてて、みんな、何も知らずに、あの人、お茶淹れるのじょうず、なんて言ってて、何年かたってから、彼女は先生なのよ、というようなことを聞いたり、なんてことも、よくあります。
おばあさんから習っただけの人が、先生級の人をうならせるだけの力を持ってたりということも、わりとあります。

松江と米子とでは、お茶の楽しみ方が全然ちがうように思います。

[PR]
# by friendlyclover613 | 2018-01-31 08:18 | 米子はお茶の都 | Comments(0)

信じられん・・・

刺繍の先生をしている知り合いが、カルチャーセンターみたいなところで教え始めたのですが、若い生徒さんを教えるようになって、驚くことが多いそうなのです。

刺繍は針を扱いますから、針の扱いは気をつけなければなりません。
不注意にうかつなことをすると、とりかえしのつかない事故にもなりかねません。
あまりにも基本的なことを、若い人は知らないので、見ていてはらはらすることもあるんだそうです。
人の顔の高さに、針を持った手がきたりすることがあります。
そういうとき、私くらいの年齢の者だと、ちゃんと、そういうことも見ながら、気をつけながらやるんだけど、若い人の中には、たとえば、手をひろげて笑ったとたんに、となりの人の顔に針が飛びそうになったりとかいうようなことも少なくないのだそうです。
「もう、ほんとにあぶなっかしくて、ほんとにこわい。」とこぼしてます。
若い人といっても全部ではなく、たいていの人は、お母さんから、気をつけることを習っていますが、ならわなかったのかな、と思える人が多すぎるんだそうです。

彼女(刺繍の先生)や私くらいの年代の者は、刺繍を習ったりする以前に、学校の家庭科以前に、母親に、手取り足取りで、細かい注意をつぶさにされながら、針の扱い方をおそわったような気がします。
あまりに昔のことでよくおぼえてませんけどね。
女の子は、5才くらいになると、母親の裁縫箱やぬいもの仕事に興味を持つようになるのが普通です。
私も、近所の友達といっしょに、私の家で、あるいは友達の家で、見よう見まねで、刺繍や裁縫のまねごとをしていた記憶があります。
そういうとき、そばには、必ず誰かの母親とかおばあさんとかがいて、あぶないことをしないように、ちゃんと監視していたと思います。
私も、小さい女の子に刺繍を教える時は、何かあったらこわいので、必ず、その子のお母さんがそばにいる時にしかやりません。

そう言えば、ちかごろは、子どもだけで遊んでいる姿を見かけることが多くなったような気もします。
お母さんは外で仕事をしていて、家では子どもだけで食事をしたり、ボタンつけをしたりして生活しているという家庭が多いのですね、きっと。
ぼたんつけはこうやって、こうやって、と、手順だけおおざっぱに教えるだけなのかしら。
そういう子どもたちが、たとえば、何も考えずに、はさみを高い棚の上に置いたりするようなおとなになるんでしょうか。
職場で、おおそうじのとき、背の高い若い人が冷蔵庫のてっぺんに置いた裁縫ばさみのおっきなのが、いきなり上から降ってきてこわかったって話も聞きました。

勉強ばかりして、こういう種類の知識が欠落したまま、いくらいい大学に進んでも、人間それだけで幸せになれるものかなあ、と、いつも思います。



[PR]
# by friendlyclover613 | 2018-01-30 11:14 | あははの日記 | Comments(0)

気くばり

米子人のいいところは、気くばりのきめこまかさではないか、と、私は思っています。
そして、今の時代、それは、貴重な希少価値があります。

米子の人は、一見ザツなように見えます。
細かいことはあまり気にしません。
たとえば、よその家でごちそうになった紅茶に髪の毛がはいっていても、気にしないで、髪の毛だけとって、普通に飲んでしまう人が多いのではないでしょうか。
それは、髪の毛が気にならないからではなく、お茶を出してくださったお心に対してしていることなのです。
でも、自分が人にお茶を出す時には、髪の毛のような細かいことにまで行き届く人は少なくないように思います。
米子の人は、いちいち口に出しては言わないけど、茶道とかお煎茶の心得のある人が多いのです。
先生のところに毎週通って習ったことがないという人も、そういう教室で習った友達から習ってたり、おばあさんから習ってたりして、おいしいお茶の淹れ方をちゃんと知っている人が多いのです。
米子出身の人の家を訪ねると、意外な男性がお抹茶をふるまってくれて、驚いちゃうことって、わりとあります。
私の感じですけど、米子では、男のかたにお抹茶を淹れていただくことが、ほかより多いような気がします。

バカ話に興じているときでも、おくれて来た人を、気持ちよく仲間に入れてあげる。
仕事中でも、お茶を淹れている途中でも、まわりの人の気持ちに絶えずアンテナをはってる、そんなところが、私の知る米子人には、みんなあるように思います。
若い男の人でも、おくれて来た人が気後れして遠慮しながら隅に立っていると、そこは寒いから、こっちにきて火にあたってください、とか言ってくれたり。
関東では、近頃の若い男の子は、あいさつしても返事しない人が多いからね。
私だけが返事してもらえないのかな、って思って、まわりの人にきいたら、若い男の子は返事しないわよ、ということです。

ほんとに不思議です。
人間関係ってまずあいさつから始まるものだと、私は思ってたんだけど、あいさつしない男の子たちは、友達ができないかというと、けっこうそうでもないみたいなんです。
あいさつなしで、いったい、どうやって、人間関係を作るんでしょうねえ・・

米子に帰ってくると、時間の足がすこしゆっくりでほっとします。
人への思いやりも、そこから出てくるような気がします。
いなかのよさですね。
だから、私、イナカモンと言われても、ちっとも傷つきません。
気配りのしかたを、都会の人に教えてあげましょうよ。
都会では、人間関係がうまく作れなくて困ってる人、多いんだから。


人気ブログランキングへ



[PR]
# by friendlyclover613 | 2018-01-24 17:00 | 米子の人情と暮らし | Comments(0)

ねこの婚活

(孫)
おばあちゃん、あのねこ、もてないんだね、いっつもひとりでいるよ


(ふなこしさん)
ほんとだなあ、かわいさに

ほんとだねえ、かわいそうに


(孫)
あのねこにお化粧したら、もてるようになるかな


(ふなこしさん)
ほうけたやな、ねこに化粧やなんかいすーもんが、どこのせかいにおーだかな

ばかばかしい、ねこに化粧する人なんか、世界中さがしたっていないわよ


解説
直訳すれば、世界中どこにもいない、ということなんですが、意味としては、
ねこに化粧するということはありえない、考えられないということです。





[PR]
# by friendlyclover613 | 2018-01-17 09:48 | 米子弁劇場 | Comments(0)

お医者様のための西洋占星術

医学のことはわかりませんが、占いの立場から書いています。

米子は医療の町ですから、こういうテーマもいいかと。



おひつじ、しし、いて座の患者さん

手を洗わないとかいうような、基本的な健康管理をきちんとしないことが、病気を招いています。代わってあげるわけにもいかないしねえ・・薬を決まった時間に飲むとかいうようなめんどうなことは、なるべくしなくていいようにしてあげましょう。



おうし、おとめ、やぎ座の患者さん

文字通り息詰まるような、かたくるしい考えや悲観が病気を招いています。
前向きな正しい知識を与えて、悲観をやわらげてあげましょう。
同じ症状の患者さんと愚痴をこぼしあうことも助けになります。



ふたご、てんびん、みずがめ座の患者さん

くよくよしない性格に見えますが、人目につかないところで意外と神経質。
水分をこまめにとることで、神経が落ち着くのかも。
治療に関係ない話には、適当にストップをかける工夫が必要でしょう。



かに、さそり、うお座の患者さん

からだの不調は、温まることでたいてい解決するみたい・・とてもやさしいいいひとですが、感情が豊かすぎて、時に、先生、好きです、などと言いだすことも。
いたわりつつじょうずに距離をとりましょう。


上記の占いは、不特定多数向けに太陽の星座だけで占ったものなので、あの患者さんには、生まれ星座の説明が当てはまらないがなあ、というケースは多いと思います。
ただ、上記のことは、誰でも何割かはあてはまります。
たとえば、やぎ座生まれの患者さんの中にも、上記のやぎ座のところの説明が、ちょっと見たところ、当てはまらない人は少なくないでしょう。
それについては、カテゴリ「何座生まれ?」の記事をお読みください。
しかし、やぎ座生まれ(やぎ座に太陽を持っている人)なら、誰でも、必ず、何割かは、上記のやぎ座のところの説明が当てはまります。



人気ブログランキングへ




[PR]
# by friendlyclover613 | 2018-01-10 21:08 | 西洋占星術 | Comments(0)

米子弁クイズ

きょうはクイズです。
この会話のあいづちは、どっちが正しいでしょう。


(孫)
テストでね、たすとかけるをまちがえたよ


(ふなこしさん)
AとBのうち、どちらがあいづちとして適当でしょうか

A だらずけな

B ほうけたやな


正解は、またあとで





[PR]
# by friendlyclover613 | 2018-01-08 16:20 | さ、なんだ? | Comments(2)

カルチャーショック


東京生まれの女性が驚いた米子の生活


駅にエスカレーターも、エレベーターもない
彼がいっしょだったから、重い荷物も持ってもらえたけど、ひとりで大荷物のときはどうしよう・・・

だから、私は、旅行のときは、いつも、宅配便を利用します(おもしろおかし)


人が少ないと聞いてたけど、お彼岸は、東京とそんなに変わらないくらい人が多かった
人が多いことには生まれたときから慣れているので、別にいいんだけど


米子弁は、もうちんぷんかんぷん、何言ってるのか、ほんとにわからない
このブログで予習してくださってたんだけど、実際彼の家族と話してみると、ほんとにわからなかったって


でも、ほんとに、人は親切で明るい!
食べ物もおいしい!
星空もきれい!

見るところを見てくださってありがとう!



人気ブログランキングへ





[PR]
# by friendlyclover613 | 2018-01-08 01:19 | あははの日記 | Comments(0)

寒さの感覚

(ふなこしさん)
ちかごーのわけもんは、こげなんを大雪だてーだけんな
近頃の若い人はこんなのを大雪だって言うから(こっちが驚いてしまうわ)しまうわ。


(みやこださん)
うっちゃちゃわけころ、京都から米子にかえーときやちゃ、よー、特急が雪でとまーよったわ
わたしたちが若かったころは、京都から米子に帰るときとかは、よく、特急が雪のせいで臨時停車したよ。


(ふなこしさん)
あげだったが
そうだったね


(みやこださん)
けなもんがいたしんなーやなてーだけん
この程度の雪かきがたいへんだなんて言うから(あきれるね)


(ふなこしさん)
うっちゃちのわけときは、この10倍くらいあったもんを、スコップでしたが
私たちが若かったころは、この10倍くらいあった雪を、スコップで雪かきしたものね


(みやこださん)
ほんにがいな雪だったが
ほんとにすごい(量の)雪だったねえ。


(ふなこしさん)
うちの子やちゃ、米子にもどーとさみさみってふるえとーが
うちの子たちは、米子にもどると、寒い寒いってふるえてるよ

うっちゃちゃ、東京の冬やなんかい、ぬるまゆのふろにはいっとーやなわ
私たちは、東京の冬なんて、ぬるま湯のふろにはいってるみたい


(みやこださん)
うっちゃちゃ、ふゆでも半そででそうじすーだけん
私たちは、冬でも半そででそうじするんだから


(ふなこしさん)
なげやなそでだとじゃまんなーだけん、冬でも半そででしてしまーけんな
長いそでだと(炊事やそうじのときには)邪魔になるから、冬でも半そででしてしまうものね。




私が子どものころ、米子は、それはそれは寒いところでした。
あのころは、山陰線の特急が、冬は雪で遅れたものです。
冬というと、祖母が、かけぶとんを何枚も何枚もかけてくれたことを思い出します。
そんな寒い寒い米子で子ども時代を過ごした私にとって、今の関東の冬は、ぬるま湯のように感じる日が多いです。
太平洋側で育った主人は、家の中でもコートを着るくらいさむがってます。
そのかわり、主人は夏バテ知らず。
私が夏はぐったりしてるのと対照的です。



[PR]
# by friendlyclover613 | 2018-01-04 11:16 | 米子の四季 | Comments(0)


米子弁よ、世界に羽ばたけ!
by friendlyclover613
カテゴリ
最新の記事
方言の女王様
at 2018-02-16 23:45
ばば
at 2018-02-16 23:42
かせー
at 2018-02-11 22:06
いんやだわやれ 2
at 2018-02-10 23:45
いんやだわやれ
at 2018-02-10 09:10
かか
at 2018-02-03 10:59
テスト
at 2018-01-31 10:44
茶人
at 2018-01-31 08:18
信じられん・・・
at 2018-01-30 11:14
気くばり
at 2018-01-24 17:00
ねこの婚活
at 2018-01-17 09:48
お医者様のための西洋占星術
at 2018-01-10 21:08
米子弁クイズ
at 2018-01-08 16:20
カルチャーショック
at 2018-01-08 01:19
寒さの感覚
at 2018-01-04 11:16
どうする?来春の転校
at 2018-01-03 23:58
チャンス
at 2018-01-03 09:28
男はプレゼント下手?
at 2017-12-30 07:54
ふるさと
at 2017-12-26 00:00
ブログタイトルを変えました
at 2017-12-24 07:00
外部リンク
ブログジャンル
記事ランキング
最新のコメント
たまおさん、おひさしぶり..
by あはは at 21:34
どちらも正解のような? ..
by たまお at 09:13
たまおさん、おひさしぶり..
by おもしろおかし at 20:27
堂もぅ。 「けっこうお..
by たまお at 13:57
よねさん、糀さん、コメン..
by おもしろおかし at 00:31
おそかりし・・・もう終わ..
by 糀 at 17:12
おーい、東京の中野の駅前..
by よねさん at 15:50
たまおさん、おひさしぶり..
by おもしろおかし at 11:17
どうもぅ おひさです。 ..
by たまお at 10:41
さよこさん、コメントあり..
by おもしろおかし at 20:48
アニマルライツのサイトを..
by さよこ at 15:51
りりかさん、ご足労ありが..
by おもしろおかし at 05:40


Skin by Excite ism