だんね   

(ふなこしさん)
さねしげさん、ごめんよ、あんたから借りたかさ、いっちゃんがもってでてなくしたとい
さねしげさん、ごめんね、あなたから借りたかさ、いっちゃんが持ってでかけてなくしたって


(さねしげさん)
だんね
だいじょうぶよ

かさはよけよけあーだけん
かさはうちにはたくさんあるんだから


(ふなこしさん)
ごめんよ、はよかえしにいかないけんおもっとったら、いっちゃんが、持っていってしゃっただけん
ごめんよ、早く返しにいかなきゃ、って思ってたら、いっちゃんが、持っていってしまったから


(みやこださん)
あんたのかさ、よめさんとふたりして、ずっとさがしとーなったけど、なかったと
あなたのかさを、ふなこしさんとこのお嫁さんとふなこしさんがふたりで、ずっとさがされたんだけどなかったんだって


(さねしげさん)
気にしなんな、どうせ、100円のかさだけん、
きにしなさんな、どうせ、100円のかさだから



人気ブログランキングへ





[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-06-25 18:20 | 米子弁劇場 | Comments(0)

絶唱   

舟木一夫さんの「絶唱」の舞台が松江だなんて、実は、最近初めて知りました。

舟木一夫さんと言えば、私たちより1世代上の人たちのアイドルです。
小学校の時、おにいさんやおねえさんがたくさんいる友達がいて、その友達の家に遊びに行くと、
「美しい十代」という雑誌が毎月あって、私は、おねえちゃんがあれ買ったよ、と聞くと、すぐさま遊びに行って見せてもらったものです。
舟木さんのレコードもたくさんありました。
しかし、あの絶唱の原作の舞台が松江とは、驚きでした。



人気ブログランキングへ





[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-06-24 00:55 | 島根県 | Comments(0)

すっぱいよ   

(ふなこしさん)
こーがきょのべんとだけん
これがきょうのおべんとうだからね


(孫)
おばあちゃん、このおにぎりすっぱいからやだよ


(ふなこしさん)
ひじきとうめぼしのおにぎりだがん
ひじきとうめぼしのおにぎりよ

暑いだけんな
暑いから(くさらないような材料で作ったのよ)


(孫)
しょっぱいのはいいけど、すっぱいのはあんまり好きじゃない


(ふなこしさん)
お母ちゃんが、あさはよおきて、あんたのべんとつくっただで
お母さんが、朝早く起きてあなたのお弁当を作ったのよ

好かんいったてて、もう、つくりなおすやな時間はねだけん
好きじゃないと言ったって、もう、作り直す時間はないんだからね



人気ブログランキングへ





[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-06-22 14:00 | 米子弁劇場 | Comments(0)

さしば   

(孫)
おにいちゃん、サシバって鳥あるの?


(おいっこ)
あるよ、たかみたいな鳥だ


(孫)
サシバはさし歯するのかなあ


(ふなこしさん)
だらずけな
鳥がそげな入れ歯やなんかいすーわけねが

ばかばかしい
鳥が、そんな入れ歯なんかするわけないでしょう



人気ブログランキングへ





[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-06-20 00:00 | 米子弁劇場 | Comments(0)

「友達」   

友達という言葉は、標準語の範囲でも、意味があいまいな言葉です。
人によって、地方によって、言葉の意味する範囲がちがってくるようなところもあります。

私の今の感覚では、友達という言葉でいいあらわされる関係は、ある程度気があう人、とか、連絡を個人的にとりあっている人にかぎられています。
が、米子で暮らしていた頃は、しばしば、ただの知り合いにかぎりなく近いクラスメート、同窓の、かなり年代が離れた知り合い、なども、「友達」という言葉で表現するのが普通だったような記憶があります。
それが、自分でも意識しないときに、ふっと出ていることが、たまにあるようなのです。



人気ブログランキングへ





[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-06-17 12:00 | 米子弁文法?! | Comments(0)

みずかぜ   

みずかぜがデビューしましたね。
1泊27万円なんて、とても私には無理ですが、これで、山陰地方の景色の美しさや文化の深さに、全国、ひいては世界中の注目を集めるきっかけができれば、と思います。

大昔、山陰線に、「あさしお」などの特急が走っていた頃、米子へは、関西から1本で帰ることができました。
今でも、折に触れ、その車窓から見た、海や山の、四季折々の美しい景色を思い出します。
海にそって走る線ですから、海の景色が、それはそれは美しいです。
雪の季節は、特急といえど、よく立ち往生しましたが、電車が駅ではないところで止まっている間に見るともなく見ていた雪景色が、今でも夢に出てきます。
あのころは、いつまでも、あさしおがあるような気がしていましたが、今、それらの景色を見ようと思うと、何回も電車を乗り継がなければなりません。
10年くらい前に、用事で帰ったとき、それをやったんですけどね、短距離の電車を乗り継いで、乗り継いで、途中の駅で長い間休んで、というのも、時間にゆとりがあれば、いいものです。
餘部や竹野のあたりは秘境です。
竹野では、乗り継ぎの待ち時間がかなりあったので、竹野の町を歩きました。
海水浴のシーズン直前の時期でしたから、駅ではまったく、誰にも出会いませんでした。
山の中の無人駅だと、ひとり電車を待つのはちょっとこわいですが、竹野は、駅を出たところが町でしたから、食事もできました。

山陰線をなくすのはもったいないことです。
このような形で、もっと活気が出てきたら、また、この地方にたくさんの人が来たり、ひいては住みついたりしてくれるでしょう。
年をとってから暮らすには、とてもよいところだと思います。



人気ブログランキングへ




[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-06-16 21:56 | Comments(0)

お見合い   

(孫)
おばあちゃん、この写真なに?


(ふなこしさん)
お見合い写真だがん
お見合い写真よ


(孫)
こんなばばあが見合いするの?


(ふなこしさん)
あんた、さんこと言ったらいけんよ
あなた、そんなこと言ったらいけないよ

今まで、ずっとおかあさんの介護しとーなって、そーで結婚ができんだっただけん
今までずっとお母さんの介護しておられて、それで結婚ができなかったんだから


(さねしげさん)
人にはいろんな事情があーだけんな
人にはいろいろな事情があるんだからね


(みやこださん)
きれなきものだがん
きれいなきものじゃないの

よーにあっとってだわ
よく似合ってらっしゃるわ




人気ブログランキングへ




[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-06-13 17:45 | Comments(0)

ゼリーミルク   

(孫)
おばあちゃん、京都のおばちゃんのところで食べたゼリーミルクが食べたいよー


(ふなこしさん)
さんこといったてて、あーは、京都の、なんだい言う店にしかねだもん
そんなこと言ったって、あれは、京都の、なんとかっていう店にしかないもの


(孫)
あれ、たべたーい


(みやこださん)
うちに、ひとくちゼリーがあーよ、
うちに、ひとくちゼリーがあるよ

ぶどうとオレンジとコーヒーがあーけん、



(さねしげさん)
こーひーはいけんわい


(みやこださん)
だけん、ぶどと、オレンジのゼリーを牛乳にいれら、にたやなもんができーがん
だからさ、ぶどう(のぜりー)と、オレンジのゼリーを、牛乳に入れたら、似たようなものができるじゃん



解説
今、あるかどうか知りませんが、昔、私が京都にいたころ、木屋町に、
ソワレという、有名な喫茶店がありました。
東郷せいじの絵がかざってあって、同じ画家の絵のついたハンカチなども売ってました。
ゼリーミルクとは、そこのメニューです。
いろんな色のキューブ型のゼリーが、白いミルクにはいっていて、宝石みたいで、すごくきれいでした。
あるとき、友達が、親戚の男の子を連れてきて、その子もいっしょに、みんなで、ソワレに行ったとき、その子が、意外なくらい、ゼリーミルクを気に入りました。
帰ってからお母さんに作ってほしいと言って、お母さんを困らせたのだとか。
ひと口ゼリーというのは、そのお母さんの苦肉のアイデアです。



人気ブログランキングへ




[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-06-10 21:21 | Comments(0)

大山の思い出   


私の知り合いが、大昔、大山に、学校でキャンプに行ったとき、途中に見たことのないきのこがありました。
持って帰ろうという人もいたし、毒キノコかもしれないとこわがる人もいたんですけど、近くの家でおばあさんが洗濯物をほしていたので聞きました。
そしたら、すこーし食べてみて、なんともなかったら食べなさいよ、という返事だったそうです。



人気ブログランキングへ




[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-06-09 17:38 | 米子弁劇場 | Comments(0)

乳歯   

(みやこださんの孫)
おばあちゃん、なにしてるの


(ふなこしさん)
京都の子の歯が抜けたけんな、しまっとーだがん
京都の孫の歯がぬけたからね、しまってるの


(みやこださんの孫)
ふーん、あっこちゃん、今、きてるの


(ふなこしさん)
きとーよ、きのうきただがん、電話してあげらかおもっとったとこーだがん
来てるよ、きのう来たの、(あっこちゃんが来たことを、あなたに)電話しておしえてあげようかと思ってたところよ


(みやこださんの孫)
その歯、捨てないの


(ふなこしさん)
捨てーへんよ、こーはな、あっこちゃんがおとなになってかー、病気したときにな、役にたつだと

捨てないのよ、これはね、あっこちゃんがおとなになってから、病気した時にね、役に立つんだって


(みやこださんの孫)
あたしの抜けた歯は捨てちゃったよ


(ふなこしさん)
捨てんほがえだで
捨てないほうがいいよ


(みやこださんの孫)
あっこちゃん、今、どこにいるの


(ふなこしさん)
今な、お母さんとかいもんにいっとーけん、
もどってきたら、電話してあげーわ

いまね、お母さんと買い物に行ってるから、
帰ってきたら、電話してあげるわ

おひるごはんがすんだら、あそびにきないや
おひるごはん食べてから、遊びにきなさいよ



人気ブログランキングへ




[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-06-06 13:43 | 米子弁劇場 | Comments(0)

注目の米子城   

米子城が、名城100選にはいったそうです。
米子生まれとしてはうれしいことです。
米子の歴史をわかりやすくまんがで教えてくれるサイトを見つけましたよ。

米子歴史浪漫・・・

リンクフリーだということで、リンクさせていただきました。
ありがとうございます。



人気ブログランキングへ





[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-06-04 09:00 | 米子の観光 | Comments(0)

うるしの器   

(さねしげさん)
親戚の子がなあ、スイス人の友達に、うちの家をみせてだと
親戚の子がね、スイス人の友達に、私の家を見せたいんだって

日本の古い家がみて、言いなーで、
日本の古い家が見たいって言うから、

そーで、こんどのやすんみにつれてくーいうだけん
それで、こんどの休みに連れてくるって言うから

どげなもん、ごっつぉすらえだーか
どんなものをごちそうしたらいいかしら


(ふなこしさん)
スイスのしゅはしらんだーもん、ジョーちゃんやちゃ、あんこの菓子には好かんじぇ
スイスの人のことは知らないけど、ジョーちゃんたちは、あんこのお菓子は好きじゃないよ

ジョーちゃんやちが初めてうちげにきたとき、うるしのさらとうるしのフォーク出したらな、ふつうのフォークでなけらなよーたべん言いなーだけん、ふつうのフォーク出したわい
ジョーちゃんたちが初めてうちに来たとき、うるしのお皿とフォークを出したら、ふつうのフォークでないと
食べられないって言うから、ふつうのフォーク出したの

そげしたらな、金属のフォークで、あんた、うるしの皿をがりーがりひっかくだもん
そしたらさ、金属のフォークで、あなた、うるしのお皿をがりがりひっかくんだもん

よーに、うるしがはげて、つかわれんやんなってしゃったが
すごくうるしがはげて、使えなくなってしまったよ


(みやこださん)
そげな話、よー聞くが
そんなような話、よく聞くね

だけん、うるしのお皿よーか、ふつうのお皿とフォークでたべられーやなもんがえだで
だからさ、うるしのお皿より、ふつうの陶器のお皿とフォークで食べられるようなものがいいのよ


(さねしげさん)
だーもん、うるし、見せてあげてが
だけど、うるしを見せてあげたい


(みやこださん)
だけん、くだものとかあめやちをうるしの器に入れとくだがん
だから、くだものとかあめetcをうるしの器に入れるわけよ

手でとーだけん、傷やなんかいつかんわい
くだものもあめも、手の指でつまんでとるから、傷なんかつかないわよ

うちげの子も、アメリカ人の友達を家によぶだーもん
うちの子も、アメリカ人の友達を家に招くんだけど、

うるしのはちにみかんやりんご入れとーよ
うるしの鉢にみかんやりんごを入れてるよ



人気ブログランキングへ





[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-05-30 23:39 | 米子弁劇場 | Comments(0)

おだんご   

(みやこださん)
まあ、東京は、だんごがよけよけ売ってあーわ
まあ、東京の和菓子やさんには、おだんごがたくさん売ってあるよ


(さねしげさん)
東京のしゅはだんごにがいにすいとってだーけん
東京の人はおだんごがすごく好きだから


(ふなこしさん)
だんごもえだーもん
おだんごもいいけど、

わたしゃちゃ、だんごよーか、もなかやちのほがえときがあーが
わたしたち(米子の人間)は、おだんごより、もなかとかのほうがいいときがあるもんね


(さねしげさん)
わたしゃまんじゅにすいとー
私はおまんじゅうが好き


(みやこださん)
だーもん、娘がかってくー東京のだんごは、なんだい、しょうゆにさとまぜたやなもんがかけてあーが、けっこうおいしで

でもね、うちの娘が東京みやげに買って来るおだんごは、おしょうゆに砂糖をまぜたようなものがかけてあるんだけど、けっこうおいしいよ


(ふなこしさん)
ああ、あのしょうゆのはおいしが
ああ、あのおしょうゆの味のおだんごはおいしいね




人気ブログランキングへ





[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-05-28 10:04 | 米子弁劇場 | Comments(2)

ぜんざい   

(孫)
おばあちゃん、転校してきた人の家に、みんなで遊びに行ったよ


(ふなこしさん)
ほーん、よかったなあ
まあ、よかったね

どこからきなって
その人、どこから転校してきたの


(孫)
東京だって


(ふなこしさん)
ま、なかよにしないよ
まあ、なかよくしなさいよ


(孫)
おかあさんがね、ぜんざい作ってくれたよ
その子のお母さんがぜんざい作ってくれたよ


(ふなこしさん)
まあ、よかったなあ、
まあ、よかったねえ

おいしかったかや
おいしかった?


(孫)
うん・・・おいしかったけどね、水がはいってないんだ


(ふなこしさん)
ああ、東京の人は、ぜんざいいわ、おもちとあずきだけで、水はいれんだと
ああ、東京の人は、ぜんざいと言うと、おもちとあずきだけで、水はいれないんだって



解説
実は、私も、東京で、水のないぜんざいを生まれて初めて見て、びっくりしましたー。
店の人に聞いたら、関東では、水は入れないんですって。
ぜんざいにも東西があることを、このとき初めて知りましたよ。
ま、東京でも、たいてい、関西風のぜんざいが出てきますけどね、水がないのが出てきてもびっくりしないでね、って話です。
私は、やっぱり、米子で生まれ育った米子の子だから、関東風のぜんざいにはなじめないです。
余談だけど、私の友達の特製のミルクぜんざいは、すごくおいしいです。
水の代わりにミルクをいれるんです。
子どものおやつとして考えついたそうなんですけど、すごくおいしいです。



人気ブログランキングへ





[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-05-26 22:30 | 米子弁劇場 | Comments(0)

朝ごはん   

(みやこださん)
東京に行くけん
東京に行くことにしたよ


(さねしげさん)
ま、ええなあ、楽しんでおいでやい
ま、いいねえ、楽しんでらっしゃいよ


(みやこださん)
なんがー
全然楽しいことなんてないのよ

めしつくーにいくやなもんだもん
ごはんをつくりに行くようなものだから

わやちは出てしゃーだけん
自分たち(娘夫婦)は、勤めにでかけてしまうから、

朝めしは、私がつくらんならんだがん
朝ごはんは、私が作らなくちゃいけないの


(ふなこしさん)
たいぎなかったらねとらえがん
朝ごはんつくるのがめんどうだったら寝てたらいいじゃないのさ


(みやこださん)
そげしょかおもーときもあーだーもんな
そうしようかと思う時もあるんだけどね

かわいさなが
娘が朝早く起きてごはんの用意するのは、かわいそうでしょ

私がおーときくらい、らくさせてやりてだもん
私がいるときくらい、らくさせてやりたいんだもの

だーもん、よ-にえらて
だけど、ほんとにたいへんよ

朝は、しょうちゃん(娘婿)は、てんぷらやハンバーグくしな、
朝は、しょうちゃんは、てんぷらやハンバーグ(のような、こってりしたもの)を食べるしね、

がいにいそがししこで
すごくいそがしいそうなの

ひーごはんたべられんだけん、朝、よけくっていくだがんな
昼ごはんが食べられないから、朝、たくさん食べていくわけ

うちげの子(娘)はあんぱんひとつで、したの子はトーストとゆで卵と野菜とココアで、

私と上の子は、ごはんと、みそしーと、なっとうと、つけもんと、
私と上の子(孫)は、ごはんと、みそしると、なっとうと、つけものと・・
みんながちがったもんたべーだもん、
みんながそれぞれちがうものをたべるんだもの

よーにいたしんなーわ
ほんとに(ごはんのしたくがたいへんで)すごく疲れるの



人気ブログランキングへ




[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-05-21 02:30 | 米子弁劇場 | Comments(0)

スープ   

(みやこださん)
いちごのスープ作ったじぇ
いちごのスープつくったよ

ちょっこい食べてみてやい
ちょっと食べてみてよ

おいしけりゃ、店にだすけん
おいしかったら、店でお客さんにサービスで出すからさ



(ふなこしさん)
ま、おいしな
まあ、おいしいね


(さねしげさん)
おいしいわ


(みやこださん)
おいしだーがん
おいしいでしょう

あしたから店に出すけんな
あしらから店に出すからね

5000円以上買ってごしなったお客さんにサービスで出すだがん
5000円以上買ってくれたお客さんにサービスで出すの

いちごはそろそろおわりだーもん、こんどはさくらんぼだが
いちごはそろそろ季節が終わるけど、これからはさくらんぼが旬よ

さくらんぼのスープも、佐藤錦が送ってきたらつくーけん
さくらんぼのスープも、佐藤錦を(東北にいる親戚が)送ってきてくれたら作るからね


人気ブログランキングへ



[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-05-20 04:17 | 米子弁劇場 | Comments(0)

地名   

(孫)
おばあちゃん、こんどの子ども会のバス旅行で、いずもたいしゃに行くんだって


(ふなこしさん)
ほおん、よかったなあ
ふうん、よかったね

いずもたいしゃって読むだないで
いずもたいしゃって読むんじゃないよ

いずもおおやしろ言うだと
いずもおおやしろと言うんだって


(孫)
でも、転校してきた人に、どこからきた、って聞いたら、たいしゃから来たって言ったよ


(ふなこしさん)
そーはまちがいだと
それはまちがいなんだって

いずもおおやしろ言うが正しいだと
いずもおおやしろと言うのが正しいんだって




人気ブログランキングへ




[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-05-16 10:47 | 米子弁劇場 | Comments(0)

松江   

松江を舞台にした歌舞伎のことについて、私、まちがったことを書いてしまっていたみたいです。
教えてくださったかた、ありがとうございます。
読者のみなさま、申しわけありませんでした。
まちがえて書いていた部分を消して、記事全体を、少し書き直しました。



松江のことを聞かれることも多いので、松江のことについて、私が知っていることを書いてみます。
私も、松江をよく知っているというほどでもありませんが、少しでもみなさまのお役に立てればうれしいです。

松江は、米子とちがって、お殿様がしっかり君臨していたところですから、
米子と比べると、言いにくいけど、よそものにはちょっと冷たいかな、というのは、正直言って否めません。

でも、県庁所在地で、人口が多いですから、いろんな人がいるんですよ。
すごくいい人も、やさしい人も、親切な人も、人なつこい人も、意地悪な人も、へんな人もいます。

ミッションスクールもあるし、小泉八雲が暮らしたりしたところですから、外国人には慣れている土地です。
外国人といってもいろいろありますが、松江を気に入るのは、欧米系の知的レベルの高い人が多いようです。
そのような外国人との交流によって、考え方が洗練された、教養のある人も、数は少ないでしょうが、いるんですよ。
こんないなかに、こんな洗練された考え方のできる人がいるのか、というような、懐の深い教養人がいます。
中村元という哲学の先生も、故郷の松江をすごく愛しておられたそうです。
キリスト教や仏教など宗教的な信念から「来るもの拒まず」的な生きかたをしている人も、理想家肌のヒューマニストも、少数派でしょうが、います。
いなかだからレベルが東京より低い、なんていわせないような実力者も、各分野にいます。
芸術のレベルも高いです。
ハイレベルなコンサートもあるし、音楽家や画家もたくさん輩出しています。
「ギャートルズ」の作者の園山しゅんじさんも、俳優の芦田伸介さんも、松江出身です。

小泉八雲先生の奥様は、松江の女性の典型的なタイプでしょう。
芯はしっかりしていて、内心誇りを高く持っていても、行動は女性らしくお淑やかで控えめです。
人の悪口とか、嫌いだ、とかいうようなことを大声で言うような下品なことは、松江の上流の女性はしません。
どうしても言いたいときは、たったひと言、そっと刺す様にちくりとです。

新編「日本の面影Ⅱ」(角川ソフィア文庫)では、
日本女性の鏡のような慎ましさと繊細さがあふれる知性豊かな文章に、セツ夫人のおひとがらがしのばれます。
あれだけの量の中に、たったひと言です。
松江の女性の中でも教養のある人の感じ方や生きかたを、私は知っていますが、おそらく、
セツ夫人も、きっと、あのたったひとことを言わず(書かず)にはいられないくらいお嫌だったのでしょう。
少しくらいいやなことなら、いちいち口には出さないのです。
夫は好きでも私は別です、という気持ちを、あのように、たったひとことで表現なさったのです。
昔の女性の言葉表現は、なんて奥ゆかしくつつましいのでしょう。
日本女性の鏡というだけでなく、松江の教養人の鏡ともいうべきかたです。

庶民的な米子に比べて、松江は、冗談が通じない、おおらかさを欠くところはあるかもしれません。
松江は、よく言えば、律儀、慎重、まじめ、シリアス、悪く言えば陰湿、
米子は、よく言えば、ざっくばらん、ほがらか、気取らない、悪く言えば、ちょっとザツ・・・でも、デリカシーがないということではありませんよ。
細かいことは気にしないけど、人の気持ちにはよく気がつくのが、米子人のいいところです。

最初に意地悪な人に出会ってしまうと、もう、松江なんて嫌いだ、と思ってしまうかもしれませんが、それはもったいないことです。
いろんな人がいるのだから、意地悪な人にはさっさと見限りをつけて、自分に合った仲間をさがしてみましょう。
あなたが、よほどめちゃくちゃな人間でないかぎり、きっと、いごこちのいい居場所と楽しい仲間に出会えると思います。
懐の深い教養人や実力者の先生などから学ぶことも多いでしょう。
中村元先生が言われるような、「もの静かで奥行きがある人間」、職人肌の、愛想は悪くても尊敬されている人、松江には、いい人が、ほんとにいっぱいいるんですよ。
京都人同様、松江の人は、用心深くて、とっつきは悪いですが、1度親しくなったら、ほんとうに誠実です。
ただ、グリーンに染めた髪とか、背中が上半分しかないカーディガンとかいうようなものには、問答無用で拒絶反応をする土地柄ですから、そのようなことには気をつけたほうがいいでしょう。
今は、わりとそうでもなくなったような話も聞きますが、私が松江で暮らしていたころは、髪をグリーンに染めてる人は同じ人間と思ってもらえないような感じでしたよ。
東京では、誰もが気にしない、背中の下半分がないカーディガンとか、すその長さが後ろと前とでちがうスカートとかを着て松江に帰省したら、
お母さんが命がけで、松江では絶対にこれを着て歩いてはいけない、と、止めたんだとか。
米子なら、誰も、偏見持ったりしませんけどね。

最後に、このブログの読者だけに、まる秘情報を。
あんまり大きな声では言えませんがね・・・同じ松江市でも、いじわるな人やへんな人の多い地域と、
親切な人がたくさん住んでいる地域とがあります。
これ以上、個有名詞までは出せませんが。



人気ブログランキングへ





[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-05-15 17:53 | 島根県 | Comments(2)

チョコレートパフェ   

(孫)
おばあちゃん、きょうね、松本君が、みんなにチョコレートパフェごちそうする、って言ったから、
みんなで行ったんだよ


(ふなこしさん)
ほーん、よかったなあ、
チョコレートパフェよばれてや

ふうん、よかったね、
チョコレートパフェをごちそうになったの?


(孫)
それがね、ゼリーのカップに白いアイスクリームいれて、それに、チョコレートかけただけ

注:バニラのアイスクリームに、チョコレートソースをかけたもの


(ふなこしさん)
あんた、きっさてんでたべーやなチョコレートパフェがでてくーかおもってや
あんた、喫茶店で出てくるようなチョコレートパフェが出てくるかと思ったの?


(孫)
うん


(ふなこしさん)
そら、むりだわ
そりゃあ、むりよ

松本君げはきっさてんだねだもん
松本君の家は喫茶店じゃないもの

ふつうの家で、あげな、さくらんぼやちがのったやなもんができーわけがね
ふつうの家で、喫茶店にあるような、さくらんぼやいろんなものが乗ったものができるわけがない

松本君は、なかなか夢のあー子だな
松本君は、なかなか夢のある子だわね


(孫)
みんな、だまされたって言ってるよ


(ふなこしさん)
だって、あんた、喫茶店でもねとこーで、そげな、りっぱなもんがでてくーおもーほがまちがっとーわ

だって、あなた、喫茶店でもないところで、そんな、立派なものが出てくると思うほうがまちがってるよ




人気ブログランキングへ




[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-05-14 22:06 | 米子弁劇場 | Comments(0)

やみめし   

(ふなこしさん)
ま、なんだ、あんたやちゃ、やみめしてーだわ
ま、なに、あなたたち、(こんなに暗くしちゃって)
(電気もつけずに暗いところでごはん食べるのは)やみめしっていうのよ


(孫)
電気代節約してんだよ


(ふなこしさん)
ま、なんで


(孫)
電気代はあまり使わないほうがいいんだって


(ふなこしさん)
そら、電気代はつかわんほがえけどな、こげなくらいやなとこーでめしくといと、ごはんに虫がはいたっててわからんだけんな

そりゃあ、電気代はつかわないほうがいいけどね、こんなくらいところでごはん食べると、ごはんに虫がはいってもわからないからね

目もわるんなーし
目も悪くなるし

ごはんたべーときは明るにしてたべーもんだ
ごはんたべるときは、明るくして食べるものよ



人気ブログランキングへ





[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-05-13 18:20 | 米子弁劇場 | Comments(0)

辻占い   

(孫)
おばあちゃん、あの人、あそこに立って、ひとりごと言って、なにしてるの


(ふなこしさん)
あーは占いだがん
あれは占いをしてるのよ

あそこにずっとたっとってな、とおおなー人がしゃべーなーのをきいとーだと
あそこにずっと立っててね、通る人が話すのを聞いてるんだって

辻占いいうもんだと
辻占いというものだってさ

子どもが受験だだがん
おそらく、子どもの受験のことを占ってるのよ


(おいっこ)
受験シーズンはもうすんだよ


(解説)
辻占いとは・・・
米子の名物というわけでもないのだろうけど。
四つ角には神様がいて、知りたいことがあれば教えてくれるという占いがあります。
ぶつぶつつぶやくというのは、その神様を呼び出すための、なんていうんでしょうかね、お祈りの言葉。
神様、どうかこのことについて教えてください、という呪文です。
その呪文をとなえながら、歩いてくる人を待つのです。
ひとりの人は見送って、複数で話しながら歩いてくる人のなかで、一番最初に来た人の会話を聞きます。
その会話の中に、知りたいことの答えがあるという占いです。
たとえば、子どもが受験に受かるかどうか、ということを知りたいとき。
最初に、話しながら来た人の言葉が、
「絶対だいじょうぶよ。」というのであれば、受験は成功します。
たとえば、受験とは全然関係のないような話であっても、最初に聞こえてきた言葉が
「サルも木から落ちるっていうじゃない。」なんていうのであれば、受験は失敗ということです。

私の家にも、辻占いの呪文を書いたメモがありましたが、家族に、この占いをした者はいません。
よく当たると言われているけれど、占いで知りたくてたまらないようなこともあるけれど、やはり、道のはたで、ぶつぶつ呪文をとなえるというのは、ちょっと・・・・抵抗があります。
はずかしい思いをしてでも知りたいという、必死な思いに答えてくれる、ということなのかもしれませんね。



人気ブログランキングへ







[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-05-10 17:07 | 占い | Comments(0)

米子大瀑布   

(孫)
おばあちゃん、よなごだいばくふだって


(おいっこ)
ははは、それは、よなこだいばくふっていうんだよ
米子じゃなくて、長野のほうにあるんだ


(孫)
ふーん、おにいちゃん、連休はここ行くの
 

(ふなこしさん)
山のぼりだとい
山登りなんだってさ


(孫)
なんで、長野県に、米子なんてところがあるの


(ふなこしさん)
あーだけん、どげしゃもねが
あるんだからしかたないじゃん



人気ブログランキングへ





[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-05-02 19:48 | 米子弁劇場 | Comments(0)

ギャートルズ   

(孫)
おばあちゃん、ゲゲゲの鬼太郎をかいた人はドラマになったのに、なんで、ギャートルズを書いた人は、
ドラマにならないの


(ふなこしさん)
なんで、さんことおもーてて
なんで、そうおもうの?


(孫)
だってさ、ゲゲゲの鬼太郎をかいた人は米子で、
ギャートルズをかいた人は松江だから


(ふなこしさん)
さんこと、わたしにきいたててわからんわい
そんなこと、私に聞いてもわからないわよ

エーネチケーのしゅが決めなーだけん
NHKの担当者が決めることなんだから





人気ブログランキングへ




[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-04-28 15:34 | Comments(0)

運転免許の自主返納   

(さねしげさん)
ちょっと、あんたやち、聞きなった?
ちょっと、あなたたち、聞いた?

運転免許を自主返納すーとな、皆生の宿が2割引んなーだとい
運転免許を自主返納するとね、皆生の宿が2割引になるんだってさ



(みやこださん)
ま、えことだがん
まあ、いいことじゃない

だーもん、店で車がいーしなあ・・
だけど、店で車使わなくちゃいけないしねえ・・



(ふなこしさん)
子どもやちが、夏のやすんみになーと、皆生にいきたがーに
子どもたちが夏休みになると、皆生にいきたがるんだからさ



(みやこださん)
かえさ、汽車やちも割引んなーだと
運転免許を返したら、汽車やほかの乗り物も、乗車賃が割引になるんだって




人気ブログランキングへ





[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-04-23 16:40 | Comments(0)

美人   

(さねしげさん)
あんたげのめいごさんは、ちかごー、きれんなーなったな(お宅のめいごさんは、最近、きれいになったね)

近ごー→近頃(ちか↓ごー)、
きれんなった→きれいになった(き↑れ↓に↓なっ↓た)、「きれになった」とも言う

 
(ふなこしさん)
まあ、だんだんね
まあ、ありがとう


(みやこださん)
うちゃ、みんだけん
私は(そのおじょうさんに)会ったことがないから


(さねしげさん)
駅であいさつしてごしなってな、だーだいわからでこまっとったら、ふなこしです、っていいなって、びっくーしたがん
誰だかわからなくて(どう返事したらいいかわからなくて)困っていたら、
ふなこしです、っておっしゃるから、(きれいになってらっしゃることに)おどろいたのよ



人気ブログランキングへ




[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-04-22 15:20 | 米子弁劇場 | Comments(0)

哲学   

本屋さんの店頭で、NHKの100分なんとかというシリーズに、
「三木清」というのがあるのを見ました。

三木清というのは、どっかで聞いたなあ、と、考えていて思いだしました。
今は亡き三村勉先生が、時々、口になさっていた人名だったかなあ・・と。
あの先生はつばを飛ばしながら講義したとかなんとか・・
その記憶にまちがいがなければ、三木清先生は、三村勉先生の師です。

哲学の難しいことはわからないのですが、
私の米子の思い出に残っているお名前です。



人気ブログランキングへ




[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-04-21 08:34 | Comments(0)

ストロベリーパフェ   

(みやこださん)
さねしげさん、きのはだんだんね
さねしげさん、きのうはジャムをありがとう

子どももよめさんも、がいに喜んで食べたわ
孫もお嫁さんも、すごく喜んで食べたよ

こーは、うちの嫁さんが作ったアイスクリームだけん、
食べてごしないや
これは、うちの嫁さんが作った自家製のアイスクリームだから、
食べてくださいよ


(ふなこしさん)
いっちゃんががいに喜んでくったわ
いっちゃんがすごく喜んで食べたよ

バニラのアイスクリームと、ストロベリーのアイスクリームにな、
練乳と生クリームと、あんたのジャムをかけてやっただがん

バニラのアイスクリームとストロベリーのアイスクリームにね、
練乳と生クリームと、あなたにもらったジャムをかけて食べさせてやったのよ

おいしい、おいしい、いってなあ、よーくったわ
おいしい、おいしい、言ってねえ、たくさん食べたわ

こーは私の煮たピーマンだけん、食べてごしないや
これは私の作ったピーマンの煮付けなの、食べてちょうだい


(みやこださん)
ま、あんた、そげな菓子、どこで作り方ならって
まあ、あなた、そんなお菓子の作り方をどこで習ったの?


(ふなこしさん)
京都の子が料理教室でならっただと
京都の子が料理教室で習ったんだって


(さねしげさん)
ま、おいしげななあ、わたしも作ってみーわ
まあ、おいしそう、私も作ってみよっと



人気ブログランキングへ





[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-04-15 16:27 | 米子弁劇場 | Comments(0)

いちごのジャム   

(さねしげさん)
いちごのジャム煮たけん、持ってきたじぇ
いちごのジャムを煮たから、あげるわ

いっちゃんがこーが好きだし、
いっちゃんがこれが好きだし、

みやこださんげのもすいとーなーけん
みやこださんのところの家族の人達も好きだから


(ふなこしさん)
まあ、だんだんね
まあ、ありがとう

いっつもすんませんなあ
いつもお世話になってしまってすみませんねえ

ほんにあんたはじょうずなだけん
ほんとにあなたはジャムを煮るのがじょうずだから


(みやこださん)
ほんに、すんませんなあ
ほんとにいつもお世話になってしまってすみませんねえ

だんだんね
ありがとう

うちの嫁さんが、あんたのこーに、よーに好いとーだけん
うちのお嫁さんが、あなたのこれを、すごく好きだから

自分でつくらえに、あんたからまーのを待っとーだけん、
自分で作ればいいのに、おたくからもらうのを待ってるんだから


(ふなこしさん)
ほんにだれんもが楽しみにしとーが
ほんとにみんながあなたのジャムをたのしみにしているのよ




人気ブログランキングへ




[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-04-15 00:23 | 米子弁劇場 | Comments(0)

つばめさん   

(孫)
おばあちゃん、裏のところに、つばめが巣を作ったよ


(さねしげさん)
ま、今年はなんぞえことがああわ

まあ、今年は何かいいことがありそう


(孫)
いいことがあるって?


(さねしげさん)
つばめが巣を作った家は、えことがああだと
つばめは蚊やはえを食べてごすだけん、だいじにすーだで

つばめが巣を作った家には、いいことが起こるんだって
つばめは蚊やはえを食べてくれるんだから、だいじにしなさいよ




人気ブログランキングへ




[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-04-14 14:52 | 米子弁劇場 | Comments(0)

めんだなけん   

(さねしげさん)
みやこださん、町内会で頼んだエプロン、あんたのぶん、うちであつかっとーよ
みやこださん、町内会で頼んだエプロン、あなたの分、うちで預かってるよ

(みやこださん)
だんだん・・・・
ま、こーは、わたしが頼んだのとちがーがん


(さねしげさん)
とりかえられーしこだじぇ
取り替えることもできるんだってさ


(みやこださん)
ま、えわえわ、めんだなけん
ま、いいわ、めんどくさいから

赤がほしかったけど、黄色もきれながん
赤がほしかったけど、黄色もきれいだわ

うちにおいときゃ、嫁さんどもがつかーかもしれんけん
うちにおいとけば、嫁さんか誰かが使うかもしれないから

これ、かーわ
これ、買うわよ



人気ブログランキングへ




[PR]

# by friendlyclover613 | 2017-04-12 13:50 | 米子弁劇場 | Comments(0)