くじびき

(みやこださん)
こないだ、商店街のくじびきで当たったせっけん、うちの子がみんな持っていんだわ
うちでつかわかおもっとったけど、やってしまったが

この前商店街のくじびきで当たったせっけんを、みんな娘が持って帰ったの
うちで使おうと思ってたけど、やってしまった


(さねしげさん)
どっこもそげだな
うちげもだで
中元も歳暮も、娘がみんな持っていんでしゃーが

どこの家もそうね
うちもよ
お中元もお歳暮も、娘がみんな持って帰ってしまうの


(ふなこしさん)
わけもんは生活がえらいだけんな
若い人は生活が苦しいからね


(さねしげさん)
東京はえらいだけんな
東京はたいへんだからね(生活費がかかるからね)


(ふなこしさん)
なんでだーか
どうしてなんだろう


(みやこださん)
物価がたけだもん
物価が高いもの


(さねしげさん)
米子だと、自転車やちも、借りられーが、東京では、みんな自分で買わないけんだけんな

米子だと、自転車なども近所から借りられるけど、東京では、必要なものは全部自分で買わなければいけないからね


(みやこださん)
うっちゃちゃ、イオンやちに行くときは、みんなで車に乗っていくだけんな
私たち(米子に住んでる者)は、イオンとか(ちょっと離れた大きなスーパー)に行くときは、誰かの車にみんなで乗って行くものね。(だから交通費が節約できる)


解説

自分は幸せと感じるか、という県別のアンケートで、鳥取県は4位でした。
けっこう意外な結果だったので、なんでだろうと、考えてしまいました。

幸せ度に大きく影響するのは、まず経済的なことです。
米子人は、松江などと比べても、けっこう、近所どうしで、気軽に自転車や自動車などを貸し借りしたり、載せてあげたり乗せてもらったりしていて、それが、意外に大きな節約になっているのではないか、と思います。
車庫を貸しているかわりに、その車に、買い物のとき乗せてもらう、という生活をしている人を知っていますが、それで、タクシー代やら電車、バス代がかなり浮いています。
ひとり暮らしのおばあさんなんですが、病院にもその車で連れてってもらえることが多いし、おかかえ運転手がいるような生活だそうです。
米子には、人に気軽にものを貸すタイプが、よそより多いような気がします。
ものというか、その前に、まず、精神的に気前がいいんです。
これだけしてあげたから、これだけ返しなさいよ、というような計算はしません。
そんな計算をしなくても、人間、信じてもらえば、要求されなくても、自然に、お返しをしようという気になります。
それで、米子人どうしの人間関係はなりたっています。
裏切られても、心から謝られれば、こころよく許して忘れてあげるというところも、よそにはあまりないようなよさだと思います。
米子人は・・・自慢になるかもしれませんが・・・陽気で懐が深いです。




人気ブログランキングへ




[PR]
by friendlyclover613 | 2017-07-27 08:01 | 米子弁劇場 | Comments(0)