冗談が通じる人たち

お正月の記事としてこのブログに出した「大社におまいり」の記事が、あるところで話題になりました。



この記事です。


おばあちゃん、あのお守り買って



ふなこしさん
ま、あんたはうし年でしょうが
まあ、あなたはうし年でしょう

なんで、さる年ととり年のをかわんならんだ
なんで、さる年ととり年の(お守り)を買わなければいけないの



すずめの分だよ

うちの庭にくるすずめの親はさる年で、ことし生まれる子どもはとりどしだから、
このお守りを、やねのところにぶらさげとくの


ふなこしさん
ま、すずめのためにや
まあ、すずめのためなの

だらずけな
ばかばかしい

ま、買ってあげーがん
ま、買ってあげるわよ

すずめさんを神さんが守ってごしなーわい
すずめさんを神様が守ってくれるわよ




こういう冗談は、米子以外ではあまり通じないのが普通です。
米子だからとおる冗談だと思ってください。
島根、鳥取の人間は、ものすごーく気まじめでスクェアですから、こういう冗談を不用意に言うと、
あの人頭がおかしい、と言われかねません。
気が狂ってるとか言われて、へたすると、いじめの的にもなりかねません。

実はこういう頭のやわらかさも、米子人の性格の特徴なのです。
普通の田舎の人なら、頭がおかしいんじゃないの、としか思えないようなことを、こうして、
温かく、ユーモアのセンスで包み込んでしまうのです。
私の記事では、おばあさんと孫の会話ですが、米子では、友達どうしでも、近所の井戸端会議でも、こうして、
やさしく楽しくふわっと、じょうずにダツリョクしてしまうのです。
米子生まれの者が自分で言うのもなんですが、こういうところは、米子人はセンスがいいなあ、と思います。

自慢話になってしまうかもしれませんが、米子人って、
いっしょうけんめい、まじめにするべきことはしっかりするんだけど、
その一方で、ユーモアがわかる、ダツリョクじょうずの温かい人たちなのです。



人気ブログランキングへ





[PR]

by friendlyclover613 | 2017-02-14 14:18 | 米子の人情と暮らし | Comments(2)  

Commented by たまお at 2017-02-16 10:41 x
どうもぅ おひさです。

 アタイ、東京に住んで ン十年ですが、この記事を読んだら「やはり米子人なんだなぁ」(米子で生まれて育った)なんて思ってしまいました。
米子の人って、悲しいこと(人が亡くなったり)でも笑いにかえたりしますよね。
山陰は暗いイメージがあるのに、なんだあなたは明るいの? なんて言われることが多々有ります。
Commented by おもしろおかし at 2017-02-17 11:17 x
たまおさん、おひさしぶり!コメントありがとうございます!。
このコメントで安心しましたよ、私だけじゃなかったんだって。
米子を1歩出ると、誤解されっぱなしですよん。

<< 吹き出すやなわ ええかげんにしないっ! >>