よんべ   

(さねしげさん)
さみなあ、東京やちゃぬくいだーがん
さむいねえ、東京あたりは暖かいでしょう


(みやこださん)
ひるまはぬくいだーもん、よーはさみじぇ
ひるまはあたたかいけど、夜は寒いよ

よんべやちも、よーにさむかったと
きのうの夜も、すごく寒かったって(子どもが言っていたよ)


よんべやち→きのうの夜+たち(複数)
きのうの夜だけでなく、ほかにも寒い夜がある、ということ・・理論的に言えば
ただ、このような会話の場合、そこまで深い意味を意識して言っているわけではなく、口からでまかせに近い
ただ「よんべ」と言ってしまってもかまわないところを、なんとなく、ひびきがやわらかい言い方を、意識無意識に選んでるという感じ




人気ブログランキングへ





[PR]

by friendlyclover613 | 2017-01-22 08:33 | 米子弁劇場 | Comments(0)

<< しんけけな そげださなげながん >>