保育ママ

保母さんの資格を持っている人がたくさんいるのに、その人たちが、その資格を生かした仕事でなく、別の仕事をしたりとか、あるいは、家庭で、介護などがあるので働けないとかいうような生活をしています。
私の同級生の妹さんも、保母さんの資格を持っているのに、幼稚園でも保育園でもないところで働いていらっしゃいます。
子どもが好きだから、そういう仕事がしたくて資格をとったのに、なんのために勉強したのかわからないって、嘆いておられます。

その一方で、子どもを預けたいお母さんはたくさんいて、預けるところは不足しています。
米子でも、働くお母さんが、子どもを預けるところがなくて困っているという話を、米子に住んでいる人から聞きます。

供給はほんとうはあるのに、需要と結びつかない、という問題は、全国的な社会問題です。
その需要と供給を、行政が間にはいって、うまくかみあわせているのが、東京の大田区の「保育ママ」という制度です。

保母さんの資格をとって、幼稚園で働き始めたけれど、幼稚園の仕事はあまりに重労働で、からだが続かなくて、とうとうやめた、でも、ほんとうは、子ども関係の仕事がしたい、という人も多いのです。

保育ママの制度が米子でもできて、働くお母さんにとって生活しやすい町になれば、もっと、移住してきてくれる人も増えるのになあ、と、思ってしまうのですが、どうなんでしょうか。
米子から遠くはなれたところに住んでいる者が、わかったようなことを言うのもいいことじゃないけれど。

私なども、近所などの働くお母さんのたいへんさというのは、見ていて、ほんとに、手伝ってあげたいと思いますが、子どもを預かるという責任の重さを考えると、資格も持っていない者が・・と2の足踏みます。
買い物に行ってる2時間くらい、預かってちょうだい、とか頼まれても、もし、けがでもしたらとか思うと、気軽には引き受けることができません。

米子の人も、きっと、みんなそうだと思います。
たいへんだなあ、と、気になりながら、結局、私がみててあげる、とは言い出せないでいる人、多いと思うのです。

せっかく、都会より米子で、人間性豊かに子どもを育てたい、と評価されているのに。

子育ては、会社の仕事の片手間仕事ではなく、人生の大事業です。
東京のような大きくなりすぎた自治体よりも、米子のような小さな自治体のほうが、いろいろな新しいやりかたを創造して実践していきやすいと思います。
米子は、子育て天国になれるはずの町だと思います。




関東の話ですが、知り合いの息子さんが保父さんの資格を取得されました。
が、いざ、就職しようと思うと、男性を雇うところはなかなかないとか、働き始めても、女性の保母さんとうまくいかなかったりとかいうようなことがあって、結局、やめて、今は、ほかの仕事をなさっているそうです。

いろんな意味で、もったいないなあ、と思います。
子どもはおにいさんが大好き。
お母さんやお姉さんではぜったいできないことをして楽しませてくれます。

私の知り合いは、幼稚園につとめています。
弟さんが、しばらく家にいたころ、時々、お姉さんの幼稚園に、行事のときなど手伝いに来ていたのですが、子どもたちは、弟さんが来ると大喜び。
こんどはおにいさん、いつくるの、とか、おにいさん、ここの先生になってちょうだい、とか、すごい人気だったそうです。

幼稚園の立場からみても、たとえば、子どもたちを集団でどこかに連れて行くときなど、何かあったとき、子どもを軽々とおんぶしてくれる男性の存在は貴重なはずです。
叱るのも、女性の先生だとことごとくなめてしまうような子も、男の先生の言うことは聞くというようなことだってあると思います。

米子は、居酒屋に赤ちゃんを連れて行けるような町。
保父さんの仕事を、全国に先駆けて作ることもできるのではないでしょうか。
あるいは、保父さんの資格をお持ちのかたが、米子で、たとえば、幼稚園か何かを作るとか、新しい形の、保育所のようなところを作るとかすれば、みんな、応援するんじゃないでしょうか、時間のかかることかもしれないけど。
米子のような小さな町のほうが、新しいことはしやすいのではないでしょうか。

どうしても、幼稚園の現場で男の先生を使うのが難しければ、別の形で、幼児教育に参加してもらう方法があるのではないでしょうか。
そんなことの先陣を切る力を、米子は持っているように、私には思えます。




人気ブログランキングへ




[PR]

by friendlyclover613 | 2016-02-10 00:00 | 米子の来しかた行く末 | Comments(0)  

<< 海の星山の星 特権階級並みの暮らし >>