京都弁まじり

(みやこださん)
おんなじ米子弁でも、なんだい、みんないっしょだない↑が
同じ米子弁でも、なんだか、みんな同じじゃないよね

あんたげやちゃ、関西弁がまじっとー↓が
あなたの家族の使う米子弁には関西弁がまざってるもの


(さねしげさん)
うちのおとうさん(よねこさん本人のご主人)も、おじいさん(よねこさん本人の舅さん)も京都のがっこだったし、うちの子(よねこさん本人の子ども)も京都だけんな

うちの主人も、主人のおとうさんも、京都の学校(大学)を出たし、子どもも京都の大学を出たからね


(ふなこしさん)
あんたげは、みんな、京都だなて東京だけんな

あなた(みやこださん)の家族は、みんな、京都ではなくて東京だからね


(みやこださん)
ときどき、あんたやちの言っとーことがわからんときがあーじぇ

ときどき、あなたたちの言ってることがわからないときがあるわよ


(ふなこしさん)
だーもん、あんたもときどき、京都弁みてーな米子弁しゃべーなーがん

でもさ、あなたもときどき、京都弁みたいな米子弁しゃべるじゃないの


(さねしげさん)
自分で気がつかんてて↓や

自分で(京都弁のまざった米子弁しゃべってることに)気がつかない?


(みやこださん)
あんたやちといっしょな言葉んなーだがん

あんたたちと同じ言葉になるのよ



人気ブログランキングへ




[PR]

by friendlyclover613 | 2016-01-08 19:55 | 米子弁劇場 | Comments(2)  

Commented by さっちん at 2016-01-10 07:53 x
ゆこぼしは、ほんとに、東京では見かけませんね。
時々、いなかに行くと、思いがけないようなお店で出会いますよ。
Commented by おもしろおかし at 2016-01-10 13:21 x
東京にはないですね。
茨城などのいなかに行くと、出会いがあるんだけど、持って帰るのがねえ・・・
小さな個人商店だと、送るのはちょっと、とか言われたり。
なので、今だに新調してません。

今度米子に帰ったら、みなさんともお会いしたいです。
スキーは、雪が降らないからできないみたいだけど、おいしいところに行こうね。

<< あやくちゃがね お茶の都 >>