めぎなったじぇ   

(みやこださん)
あんたげのは、来年よっつになーなーててや

お宅のお孫さんは、来年4才になられるの?


(ふなこしさん)
数えでな

数えでね

数え→たとえば、今3才なら来年に4才になるということ。
つまり、2015年の12月時点で3才の子が、2016年に誕生日を迎えて4才になる場合、
2015年の12月の時点は「数えで4才」と言う。


(さねしげさん)
元気ななあ、スキー習わせらかなんて、元気なけんだわな

元気なお子さんね、スキーを習わせようかと考えるというのは、お子さんが元気だからだわね


(ふなこしさん)
がいにに元気がよすぎて、こたつめぎなったと

すごく元気がよすぎて、こたつをこわされたんだそうよ

めぐ→こわす、 めげる→こわれる 

ふなこしさん自身が直接見たことではなく、子どもを通じて知った話です。


(さねしげさん)
うちのにいちゃんも、みっつくらいのとき、こたつめいでだったじぇ

うちのお兄さん(孫・中学生のほう)も、3才くらいのとき、こたつをおこわしになったのよ


これは、ニュアンスを、米子人でない人にどう説明したものかと悩むところです。
客観的には、自分の孫に敬語使う形なんだけど、普通の敬語の意味あいではなく、肉親ならではの親しみと、
なんていうのかなあ、米子弁独特のジョークのセンスなんです。
自虐ネタのジョークに近いセンスとでも言うんでしょうか。




人気ブログランキングへ



[PR]

by friendlyclover613 | 2015-12-19 19:00 | 米子弁劇場 | Comments(0)

<< びゃーろー 聞いたことがねやな話だわ >>