お人形   

おばあちゃん、あたしだけのお人形がほしい

お前に買ったら、みんなに買わないけんでしょ

あなたに買ってあげたら、みんなにも買わなければいけないでしょ

お前のお母さんも、おばさんも、おもちゃはみんななかまで遊んだだけん、

お前のお母さんもおばさんも、おもちゃはなかまでつかっただけん

お前のお母さんもおばさんも、おもちゃは、みんなでひとつのものを共有してつかったんだからね

えっちゃんは自分のお人形買ってもらったよ

うちは、えっちゃんげとちがーだけん、ずっとこげして子どもを育ててきただけん、
そーが気に入らんなら、えっちゃんげの子になれ

うちはえっちゃんの家とは考え方がちがうんだから、ずっとこうして子どもを育ててきたんだからね
それが気にいらないなら、えっちゃんの家の子になりなさい



人気ブログランキングへ



[PR]

by friendlyclover613 | 2015-04-25 04:40 | 米子弁劇場 | Comments(2)

Commented by たまお at 2015-05-02 11:13 x
米子を離れて40年になります。米子へ帰るもの冠婚葬祭のときぐらいになりました。
 そのときには、思わず米子弁が口から出るんですが、「お前なぁ。無理して米子弁を使わないでほうがいいぞぉ。東京弁んが混ざっていて、聴きづらいから。」って兄に言われてしまいます。
 どこの方言も同じだと思うのですが、文字にすると微妙なイントネーションなどが表現できませんよね。
 でもアタイは頭の中では米子弁に変換して読んでます。
Commented by おもしろおかし at 2015-05-02 16:28 x
たまおさん、コメントありがとうございます!。
うれしくて飛び上がってしまいました。
なんせ、このブログを始めてから1年以上たつのに、全然コメントがはいらないので、あきらめてました(笑)。

私も頭の中は米子弁です。
まず、米子弁で考えて、口から出るとき、標準語に翻訳します。

米子弁の微妙なニュアンスは、標準語でもそれ以外でも、表現しきれないものがありますね。
それがこのブログの課題かな、と思いますが、とても難しいです。

また、来てくださいね。
今後ともよろしくお願いします。

<< do you understand? 米子の観光 >>